ブログ | 東進ハイスクール 茗荷谷校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ 

2021年 11月 27日 世界へ!!!

こんにちは!!!家のこたつが出されて、こたつからなかなか出られなくなった後藤です

 

今日の写真はわれらが茗荷谷校の校舎長が出てくれました!!!!(レアなのでブログだとこれで見納めかも・・・)

 

さて!私が持っているのはある生徒の合格設計図です

この生徒の志望校の欄はどういう訳か「世界へ」となっています

 

実は、彼女の志は将来海外で活躍することなんです

 

その他にも彼女はいろいろ人生において具体的な目標や将来像を描いています

 

そして貪欲にいろんなことに全力で挑戦しています(こないだも高マスを修得しました!)

 

人生をめいっぱい過ごしている感じがします

 

めちゃ素晴らしいですよね✨✨✨

 

なんて‘‘自分”を持っているんだと感じさせられます

 

 

昔、私は疑問に思っていることがありました

いつから大人でいつまで子供なんだろう??????と、

みなさんはどう思いますか

 

20歳になったら。

大学を卒業したら。あるいは、

 

私は明確な答えを持ち合わせていないです(ごめんなさい💦💦)

それでは今度は大人と子供の違いは何でしょう???

(シンキングタイム🤔🤔)

 

色々あると思いますが一つに‘‘時間軸”があります

8歳の子は1年を8年の内の1年とみなしてとっても長く感じる一方で60歳の人は1年を60年の内の1年とみなしあっという間に感じるそうです

 

ジャネーの法則と言うそうです

 

しかし私たちは1年を長いようで短く感じる、中途半端な存在ではないですか??(損してる?)

だけどこれっていいとこ取りしてるかもですよね

 

子供みたいに新しいこと・経験が多くて今をがむしゃらに生きる一方で、

大人みたいに今までの人生経験をいかし、

将来を見据えた長期的視点でどっしり構えていられますよね

 

つまり、私のいつまで子供でいつから大人なのかという問いに対してはこの意識のありようだと思います

最初の生徒は子供でありながら大人であると私は思います

 

 

そしてみなさんはいかがでしょうか

長期的視点を持った大人に成れていますか?

そしてがむしゃらに頑張り、色んなことを楽しめる子供の心を忘れていないですか?

最初の生徒のように周りに大人になった人はいないですか

校舎にも将来のために勉強を今から頑張る子を見つけるカギがいろいろあると思います

そして、まだの方も大人になっていきましょう

年の瀬、2021年最後の1か月自分の将来をおもい、その将来のためにがむしゃらに頑張ってほしいです!!!

 

⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶

11/27土曜日の

  開館時間:10時00分

  閉館時間:21時45分

⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶

 

 

 

 

 

 

2021年 11月 25日 無茶(チャンス)


 

 

おはようございます。
 
こんにちは。
 
こんばんは。
 
茗荷谷校のブログに足を運んでいただきありがとうございます!!
 
茗荷谷校担任助手三年、斎藤彩です!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
気づいたら、冬だった。
 
 
まさしくその通りで、
 
時間の流れるスピードに驚きを隠せません!
 
 
 
 
特に受験生はそうなのではないでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
最近はここから不安感とプレッシャーとどう戦っていくか
 
という話に帰着することが多い気がします
 
 
 
 
 
 
 
今回はそんな皆さんに宛てた、端的なブログにしたいと思います!
 
 
 
 
 
 
 
Change direction, and turn a headwind into a tailwind
 
 
 
 
格好つけて英語で書いたりしてみました笑
 
 
 
 
何となくニュアンスで和訳できましたか?
 
 
 
 
 
 
 
逆風は振り返れば追い風になる。
 
 
 
 
 
 
 
私はCMや広告が好きなのですが
(だから商学部に入りました)
 
これはCMの国際大会が舞台になった「ジャッジ!」という映画に出てくるセリフです
 
 
 
 
これを心の中で三回唱えましょう
 
他に言葉はいりませんね笑
 
 
 
 
 
 
 
✔一晩寝たら悩みは吹き飛ばそう
 
✔残り90日を笑う者は、最後泣きます
 
✔担当の人に、お母さんお父さんに、合格を報告するシーンを想像しよう!
 
✔第一志望校のキャンパスに通う自分を想像しよう!
 
✔今までの自分のがんばりと成長を素直に褒めよう!
 
✔誰よりも自分が合格を信じる!
 
 
 
 
私はどうしてもこれだけ伝えたい、、!
 
 
 
 
 
 
この残りの90日をどう過ごすか、
 
皆さん自身の真価が、
 
今までの受験生活が、
 
受験が終わってから始まる人生が、
 
大きく規定されるはずです!!!
 
 
 
 
 
 
 
そして
 
無茶と書いてチャンスと読め!!

 

 

 

⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶

11/25木曜日の

  開館時間:13時00分

  閉館時間:21時45分

⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶

 

2021年 11月 22日 楽はできないよ

こんにちは。担任助手の石田陽都です。

 

今回はクローンについて話そうと思います。

皆さんは自分の分身に学校に行ってもらったり勉強をやらせて楽をしたいな、と思ったことはありますか?

僕はあります。もしもそんなことが出来たらめちゃくちゃ便利ですよね。

ドラえもんに出てくる「コピーロボット」は無理ですが、分身の現実的な作り方としてクローンが思いつくと思います。

iPS細胞などの再生医療の研究も進み、またクローン作製もほぼ実用的な段階にきている今、

自分のクローンを作って手伝わせる、という考えはありえないバカげたこと、という話ではなくなってきています。

 

さて、そもそもクローンってなんの事か説明できますか?

クローンという言葉は色々なところで聞くのでなんとなくは知っているかもしれません。

 

そもそも生物は遺伝子を持っています。その組み合わせは親の遺伝子によって変わります。

遺伝子はたくさんあるので兄弟でも遺伝子は異なります。

クローンとはこの遺伝子すべてが自分と全く同じ個体のことを指します。

ということは自然界ではクローンはとても珍しいもの、と思うかもしれませんが全然そんなことはありません。

細胞分裂で増殖するような細菌は分裂して増えた個体はすべてクローンです。

細菌など小さな生物に限らず、トカゲなどは単為生殖によってクローンを作ることができます。

苗木で増えているソメイヨシノはすべてクローンです。

そしてクローンは人間界でもあります。人工的なものではなく、です。

それは一卵性双生児です。 顔がそっくりな双子は実はクローンなんです。

 

どうでしょう、クローンのイメージはつきましたか。

ここでクローンに自分を手伝わせるということについて考えてみましょう。

 

遺伝子が全く同じなので顔も身長も性格も同じ、と思いがちですがそんなことはありません。

ソメイヨシノは全てクローンですがその木は形は全て同じでしょうか?違いますよね。

育った環境によって大きく変わります。

それは人間も同じです。双子でも性格が違うなんてことはよくありますよね。

いくらクローンを作ったところで、持っている遺伝子が同じだけなので自分とすべてが同じ分身はできないのです。

つまり自分の手伝いをさせてもコピーのように全く同じにはならないので、手伝わせることは不可能に近いということがわかります。

世の中にそんなうまい話はない、ということです。

 

やはり自分の力でこなさないといけないのです。

何事も一生懸命、自分の意志・力で突き進んでいきましょう!

 

明日の開館  10:00

   閉館  07:00

 

 

2021年 11月 21日 環境について考えたことはありますか?

 

皆さん今日もお疲れ様です!!

今日は受験生は難関・有名大模試でしたね。お疲れ様です。

今回は記述模試なのであやふやなところは書けない問題が多かったのではないでしょうか。

同じ問題が受験に出た時に後悔のないような復習をしましょう!!

さて、話は変わりますが皆さんは周りの環境についてしっかり考えたことはありますか?

環境というのは、たとえば家庭の環境、学校での環境(周りの友達やクラスなど)、東進のグル面や東進茗荷谷校、東進に通っているというのも環境の一つです。

それぞれ様々な環境に所属していてみんな複数の環境を持っています。

その一つ一つをしっかりと考えてみてください。

東進茗荷谷校で少し考えてみましょう。

この環境はまず

・周りの人→努力している人が多くさらにその努力にランキングなどにより気づきやすい

・自習室などで勉強できる

・頑張ろうと思ったらいくらでも進められる受講

などなど、、

考えたらとても恵まれている環境だと思いませんか?

自分で気が付いてほしいので多くは語りませんが。(笑)

この環境は自分で選択して入ったものかもしれませんが最終的に入れてくれたのは親御さんなどお金を払ってこの環境に送り込んでくれた人の後押しがかなり大きいです。

こんなことを言っている私も去年までは東進茗荷谷校に通っていましたし、親に学費を払ってもらっていました。入学した時の初めの感想は「高!!!」です。だけど受験が終わった今はこんな良いところに通えてよかった、高い学費を払ってでも(払ってくれたのは親ですが)通う価値がある、と思っています。

勉強に追われたり成績が伸び悩んだり、普通に過ごしていると自分のことで精いっぱいになってしまいがちです。

そんな時こそ周りの人や環境への感謝を思い出してみましょう。

そして感謝を行動や態度で示してみましょう。

言葉にして伝えられたらさらに良いのではないでしょうか。

普段忘れていた人ほどこのことを考えて欲しいです。

そのうえで明日からも頑張っていきましょう!!

⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶

11/21月曜日の

  開館時間:13時00分

  閉館時間:21時45分

⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶

 

2021年 11月 21日 今すぐ飛び込む勇気

皆さんこんにちは!茗荷谷校2年の佐久間です

こんなにも早く自分の担当が回ってくるなんてびっくりで、まるで締め切りに追われるライターの気分です

校閲にひっかからないように!

 

さて今日のテーマは【今すぐ飛び込む勇気】についてです。 

え、?某○ーニング娘。の楽曲じゃないかって?(お気づきの方いますかね)

話を進めます。

 

皆さんはなにかやりたいことがあるとき、どのくらいの時間をかけて行動し始めますか?

すぱっと始めて行動に取り掛かる人もいれば、少し時間をかけて自分にはこれができるのか…。失敗したらどうするんだ…。と悩んで意を決して取り掛かる人もいますよね

 

私はいまでこそすぱっと行動に取り掛かれる人間になりましたが、いままでは後者でした。しかも悩みまくってきっと達成できないからいいやと行動に移せないほどでした。

 

そんなときこの言葉に出会いました

 

田口久人さんの著書「そのままでいい」から引用した言葉です。

当時の私にはこれがずっしりと響き、濃厚な生クリームを食べすぎたくらい胃が重たくなる気持ちでした。

 

これ途中まであ~私、これも私、これもこれもコレモ…。となってたんですけど、最後の一文

今日は何をするだろう

を読んで

 

今ここ(自分の内気な心)から(外の世界に)飛び込む勇気が生まれました。

クヨクヨしてないで何でも決断早くして、とは必ずしもいえるわけではないです。じっくり考えて決断したほうがいい時ももちろんあります。

志望校決定とかそうですよ、皆行ってるしとりあえず早慶目指しとくかなんていう志望理由ではあとから後悔100条くらい降ってきます。時と場合によって左右することもあります。

 

でも、両方の思考回路を経験した私にとって思い切って決断をしたことは自分の生活にとても前向きな影響を与えました。

まぁ高校生の間でスパッと行動しようと決断できたのは、AO入試で合格しようと決断をして準備に取り掛かったことくらいなのですが💦

 

志望校決定を例にとるなら周りが志望校決まったことに焦る気持ちから決定を避けて考えないようにするよりも、(じっくり考えたうえで)進路をあらかた決定することができれば、あとは合格に向かって路頭に迷っている人よりも多く対策できるのは大きなアドバンテージだし、

過去問や単ジャンを例にあげるなら、今点数が伸び悩んでいたりとか、自分の限界をきめてもうできないや…と思い続けるよりも、早く自分に合ったレベルで演習しよう!とか、勝手に限界を決めずに粘って頑張ろう!と粘ってみる方が結果的に演習量も増えて点数も伸びて後にもいい影響を及ぼします。

 

 

でも後悔したくないですよね。だって後悔ってふと昔を振り返った時に毎回と言っていいほど訪れるんですよ、これから何十年先も今を後悔するかもしれない。絶対いやです将来の私に申し訳ない()

 

皆さんには「あのとき頑張ってよかった」と思ってほしいです。

 

気のすむまで考えて、悩んで、落ち込んだら、

さて、今日は何をしよう

と言ってみてください

未知の領域でも一歩飛び込んでみることで、きっと世界は広がって、いい結果につながることと思います。

 

それでは!


明日の開館       明日の閉漢

13時00分  21時45分