校舎の様子 | 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール茗荷谷校 校舎長 野々山 智文

東進ハイスクール茗荷谷校校舎長の野々山智文と申します。茗荷谷校は「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」という教育理念のもと、「何のための大学受験なのか」ということを常に考え続けることによって、一生努力を続けられる生徒を育成してまいります。大学受験での成功体験を通じて、この地域から今後の日本や世界を担う人財へと成長していくことを願っております。自分自身と向き合い、多くの困難を乗り越えられるよう我々も精一杯サポートいたします。スタッフ一同、皆様のご来校お待ちしております。

茗荷谷校は丸ノ内線茗荷谷駅ビルの4階にあり、中学校1年生から高校3年生までが学習しています。ホームクラスという生徒が普段学習する教室は、机が個別ブースになっているので勉強に集中することができます。授業を受けている生徒と自習している生徒がそれぞれ真剣に取り組み、閉館時間まで学習する生徒が多くいます。また、茗荷谷校では週1回グループ面談を行っており、ここで生徒は他の生徒の勉強状況を知り、競争意識が芽生えてきます。勉強面のほか、スタッフが精神面でも支え指導しているため信頼関係が築かれています。スタッフが一丸となり、生徒を志望校合格に導く校舎です。

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

佐藤 花野 さん 東京大学 文科三類
白百合学園高等学校 卒 吹奏楽部 東進ハイスクール茗荷谷校 OG
佐藤 花野 さん 東京大学 文科三類
担任助手として一言
日本の大学進学率は約半分であり、そもそも大学は義務教育ではありません。そして、大学受験は、自分のために努力してそれが正当に報われる最大のチャンスだと考えています。そのため大学進学を志す皆さんには、明確な目的意識と堅実な計画性をもって勉学に励み、受験を乗り越えて大きな成果を掴むとともに、受験を通して高い人間性を身に着けた人財となれるように、精一杯バックアップします。よろしくお願い致します。
斎藤 彩 さん 慶應義塾大学 商学部
お茶の水女子大学附属高等学校 卒 バレーボール部 東進ハイスクール茗荷谷校 OG
斎藤 彩 さん 慶應義塾大学 商学部
担任助手として一言
私は大学受験を通して学力だけではない大切なことを身につけられたと思います。例えば1日や1ヶ月単位で学習の計画をたて計画がずれた場合には調節していく時間管理能力や自分の成績から弱点を見つけ学習計画の参考にする分析力です。そして私はこれから生きていく中で重要なのは今挙げた力なのではないかと考えています。ぜひ大学受験を通して自分の糧となる多角的な力を身につけていきましょう!
若杉 隼希 くん 東京農工大学 農学部
都立竹早高校 卒 野球部 東進ハイスクール茗荷谷校 OB
若杉 隼希 くん 東京農工大学 農学部
担任助手として一言
私は大学受験を通して、自発的に物事を調べて計画し、遂行する力を得ることができたと思います。勉強に限らず様々な局面で受け身の姿勢の場合本人の集中力、達成感といったものが激減すると考えています。私は生徒達が「自分の力でやりきったんだ!!」と思えるように全力で協力していきたいと思います。大学受験が皆さんの人生にとって大きな糧となることを願っています!!

→もっと見る

大野 ひゐの さん 専修大学 人間社会学部
跡見学園高等学校 卒 水泳部 東進ハイスクール茗荷谷校 OG
大野 ひゐの さん 専修大学 人間社会学部
担任助手として一言
皆さんは何のために勉強していますか。大学に行かないで社会人になり活躍している人々はたくさんいます。それでも大学に行きたい理由は何でしょうか。
勉強を始める前にこの質問を考えてみましょう!なぜなら、大学受験は自分が思っている以上に過酷で、理不尽だからです。目標がなければ人間は行動力を失い、勉強にも力が入らなくなります。そして自分が作った目標は必ず最後まで諦めずに達成することが大切だと思っています。私たちも全力で指導していきます。皆さんも私たちと一緒に全力で勉強していきましょう!
狩野 日菜子 さん 芝浦工業大学 デザイン工学部
お茶の水女子大学附属高等学校 卒 中国武術部 東進ハイスクール茗荷谷校 OG
狩野 日菜子 さん 芝浦工業大学 デザイン工学部
担任助手として一言
私は幼稚園から高校まで内部進学だったため、受験が初めてでした。不安はありましたが、その中で常に意識していたのは、「自分から」行動すること。そして、自分の行動一つ一つの目的を考えること。みなさんは何故「大学受験をする」選択をしましたか。将来を見据えて大学受験に臨みましょう。全力でサポート致します!
佐久間 葵 さん 明治学院大学 文学部
大妻中野高等学校 卒 合唱部 東進ハイスクール茗荷谷校 OG
佐久間 葵 さん 明治学院大学 文学部
担任助手として一言
私は受験期を通して自分と向き合うことの重要性を痛感しました。 何故なら、目標を達成するにはまず自分の現状を知り、自分と目標との距離がどのくらい離れているのか常に把握する必要があったからです。 そして壁にぶつかった時には必ず振り返り、自分の軌道を修正する事も大切だと感じました。志望校合格に向けて貪欲に努力する経験はやがて自分にとって大きな財産となります。
私はAO入試で合格したので、推薦入試対策のサポートにも尽力したいと考えております。宜しくお願い致します。
塩川 真丸 くん 電気通信大学 情報理工学域 Ⅱ類
駒込高校 卒 卓球部、PC部 東進ハイスクール茗荷谷校 OB
塩川 真丸 くん 電気通信大学 情報理工学域 Ⅱ類
担任助手として一言
私の大学受験を大きく左右する鍵となったのは、座学だけでは学べない実際の活動から得た経験でした。私はその経験から将来の夢を見つけ、多くのことを学びました。皆さんにもそのような活動をたくさんしてもらい、受験勉強のさらに先でも通用するようなスキルを獲得してもらいたいです。しかし、そのために勉強を疎かにして欲しくはありません。勉強面に関してはしっかりサポートしていきます!受験が終わったあと、他の大学生よりもワンランク上に立てるように一緒に頑張りましょう!
田中 直介 くん 東京外国語大学 言語文化学部
多摩大学目黒高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール茗荷谷校 OB
田中 直介 くん 東京外国語大学 言語文化学部
担任助手として一言
受験は辛く、長い道のりです。ですが皆さんには受験に全力で取り組み、最後までやりきって欲しい!と思っています。私自身、最後の最後まで努力し続けられたからこそ、後悔少なく、勉強面だけでなくそれ以外の部分でも多くの事を学ぶことができました。皆さんが全力で走りきれるよう精一杯サポートしていきます!
中 孝太 くん 日本大学 芸術学部演劇学科
筑波大学附属高校 卒 野球部 東進ハイスクール茗荷谷校 OB
中 孝太 くん 日本大学 芸術学部演劇学科
担任助手として一言
とりあえずこの文章を読もうとしていただきありがとうございます。私が皆さんに言いたいことは二つです。
大きな目標をたててください。そしてその目標を常に意識しながらやりたいことをやってください。やりたいことをやってと言うとじゃあ遊ぼと思う人が大半だと思います。しかし目標を意識してと条件がつくと、あれがやりたい、そのためにあの大学に入りたい、じゃあ勉強したい。勉強がやりたいことに変わってきました。こんな感じで一緒に勉強頑張ってみませんか?
有馬 悠介 くん 芝浦工業大学 工学部
獨協高等学校 卒 ハンドボール部 東進ハイスクール茗荷谷校 OB
有馬 悠介 くん 芝浦工業大学 工学部
担任助手として一言
皆さんは将来どんな仕事につきたいですか?大学に行くことは選択肢のうちの一つです。大学受験をする高校生は全体の半分だといわれているこの時代で、なんで自分は大学受験をするのかということを考えて取り組んで欲しいです。皆さんの目標に向けて全力でサポートしていきます。一緒に頑張りましょう!
富永 日向子 さん 立正大学 心理学部
小石川中等教育学校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクール茗荷谷校 OG
富永 日向子 さん 立正大学 心理学部
担任助手として一言
私はこの大学受験を通じて、やりきる力の大事さを痛感しました。どれだけ部活や行事が忙しい中であっても、最後まで勉強をやりきる。そのことは、大学での生活だけでなく社会人になってからでも必要な力になると思います。皆さんは今、受験勉強という困難に直面していると思いますが、その困難に対してしっかりと向き合い、受験をやりきることで自身をより成長させます。皆さんがより成長するために、受験で後悔しないために、私たち担任助手は全力でサポートしていきます!

校舎イベント紹介

校内テスト

校内テスト

茗荷谷校では多くの生徒が閉館まで勉強しています。休日は朝8時30分から勉強を開始します。授業のみならず自習スペースも完備されており、受験生にとって最も学習に集中する環境が整っています。学習効果をさらに高めるために、茗荷谷校では随時校内テストを実施しております。「自己満足」の勉強に陥らないように、常に競争意識を持って頑張るためのテストです。成績上位者は掲示によって表彰されます。これによってより集中して、よりハイレベルな学習に皆取り組んでいます。

特別招待講習

特別招待講習

年3回の長期休みを中心に、東進生以外の皆さんが東進のt-POD授業を体験できる機会を作っています。それが特別招待講習です。期間中、東進生と全く同じように授業を受けることができます。講座は自分のニーズに合わせて取り揃えてあるので、自分が一番強化したい科目・分野を短期間で集中して克服することができます。この特別招待講習は、高校生の皆さんが初めて受験勉強に本気で取り組むことによって、志望校合格への決意を固め、本格的に勉強を開始するきっかけになります

※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。