後悔のない1か月を! | 東進ハイスクール 茗荷谷校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 12月 16日 後悔のない1か月を!

 

みなさん

こんにちは!

担任助手1年の伊藤勇吾です!

 

「あきらめたらそこで試合終了ですよ・・・?」

大学に入ってからぼくはこの言葉を身をもって感じることが増えました。

え、どういうことかって??

それは通学のときです!!

大学の授業に遅刻しそうになったときでも

あきらめずに最寄り駅や乗り換え駅の列車間,最寄り駅から大学までを全力で走ればけっこう間に合うものです。これに何度救われたことか、、、

あきらめずに走り続けた結果でした!!

電車にのったときに息が上がっていて周りから見られることはありますが、、、

迷惑にならない範囲で走りぬきましょう。

 

まぁ、そんな前置きはさておき

共通テストまであとか月となりました。

たぶんあっという間だったと思います。

前までは高校2年生だったのに、、、

夏休み終わったばっかりだったのに、、、

やりたいことが多すぎてあと1か月や2か月では足りない、、、

目標点数に達せるか不安、、、

などと考えている人も多いのではないでしょうか?

 

そんな受験生のみなさんにぼくからは2つ、お伝えしたいと思います。

 

①最後まであきらめない

ありきたりですがこの1か月どれだけ努力できるかで点数は確実に変わってきます。

第一志望校のレベルが高すぎて諦めがちになってしまう人、一点でも高く本番でとれるようにし、第一志望校の合格率を1%でも高めましょう。たとえ第一志望校がきつかったとしても、この一か月をどのくらい頑張れるかでどこの滑り止めに合格するかも変わってきます。

ちなみにぼくも一か月前、自分が第一志望校に合格できるという自信はなかったです。ただラスト一か月の頑張りがあったから自分は合格できたと自負しています。直前まで思うように数学の点数が上がらなかったのですが、直前1か月で数学が爆発的に成長できたと実感することができました。

今までさぼってしまったと思い当たる節がある人もラスト1か月は後悔の残らないよう死ぬ気でがんばりましょう!ラスト1か月頑張り切れただけでも必ず自信につながります。

 

 

②ポジティブに考える

ここから1、2か月、やめたくなったり、辛いときも必ず出てくると思います。そんなときこそ「あえてポジティブ」に考えてみてください!僕はけっこうポジティブな性格ですが、はじめからポジティブだったわけではありません!!「あえてポジティブ」に考えてみたら、、、を続けていたら自然とポジティブになれるようになってきました!

あと一か月しかない→まだ一か月ある!

受かる気がしない→受かるかどうかは今考えることではない、ここから合格できたらかっこいい!

ネガティブな人もあえてポジティブに考えてみたら、、、を実践してみてください!!

 

多くの生徒、今は合格か不合格かしか頭にないと思います。ただどんな結果であれ、その後のみんなの人生は続いていくし、その受験後の人生におけるラスト一か月がどのくらい価値のあるものか決められるのはみなさん自身です!

 

あなた自身の将来の人生のために後悔のない1か月を過ごしてください!!!

 

 

* … * … * … * …* … * … * … * …*

明日(12/16)の

開館時間は13:00

閉館時間は21:45

お待ちしています!!!

* … * … * … * …* … * … * … * …*

茗荷谷校の順位は134位/1000