2/18が新高3最後の模試(これからは本物の受験生) | 東進ハイスクール 茗荷谷校 大学受験の予備校・塾|東京都

東進ハイスクール 茗荷谷校 » ブログ » 2/18が新高3最後の模試(これからは本物の受験生)

ブログ

2024年 2月 9日 2/18が新高3最後の模試(これからは本物の受験生)

 

Buenos días

 

こんにちは!!茗荷谷校のブログに足を運んでいただきありがとうございます。

担任助手1年の川島涼星です

 

 

===================

 

おはようございます! 最近ソイラテにハマっている川島涼星です!

 

いつもある人から目のクマがひどいよって伝えてくれる人がいるのですが(気をつかって全然わからないよって言ってくれる優しい人もいます)、元々それなりに自覚はあっただけに余計目のクマが気になっています。

 

他人から言われて、今まではそこまで気にしていなかった事が急に気になって気になって仕方がない!なんて

 

こんな経験皆さんにもありませんか?

 

ありますよね!!!!!!!

 

でも、これは気にし過ぎな時もあるような気がするので程々に気にしていこうと思います。これはみんなの受験においても大事なメンタルでも同じだと思います。

あと体調管理はしっかりしていきましょうね!

 

===================

 

 

それではいよいよ本題に入っていきましょう!

 

新高校3年生にとって受験生になるまで最後の模試です!

もう2/18がすぎたら次の4月の模試は受験生として模試を迎えることになります。

 

 

そこで!

模試の受け方・使い方について話そうと思います!

 

 

主に模試の使い方について話していきます。

 

まず、模試を受けるにあたり大前提なのが、

 

模試の結果に一喜一憂しない!

 

事です。

 

これは僕の恩師である池袋校の永山さんという僕の担任だった人が口酸っぱく言ってくれていたことで、これに当てはまる人は茗荷谷校にも多いと思います。

 

実際、僕も当てはまる生徒でした。

 

模試とはあくまでも「模擬」試験なので本番ではありません。

 

もちろん本番同様の緊張感をもって試験に臨むことは凄く大事ですよ!

 

 

模試でA判定をとっても落ちる人はいて、最後の最後までE判定でも第一志望校に合格する人だっています!

 

 

だからたかが模試ごときで一喜一憂してられるか!!ぐらいの気持ちでいてほしいです。

そうでないと模試によってその後の勉強モチベーションが左右されるのは、結果的に時間の無駄になってしまいます。

大事なのは、

 

①今の自分を受け止める事

②模試の自己分析から今後へ

 

 

自分は今どんな現状で、どこの大問ができていて、どこの大問ができていないのかだったり、自分の苦手分野を分析し次に生かすことを考えるのが良いと思います。

自分は出来ない人なんだと悲観的になるのではなく、切り替えが大事!(自分も苦手なのですが、)

模試は自分の立ち位置を知るものそこからどう上げていけるかなので、謙虚な気持ちを持って模試を最大限に生かして勉強できるといいですね!

 

 

模試までの残りで何ができるのかも考えれたら最高ですね!

 

本日のブログはここまでです。ここまで読んでくれてありがとうございました。

 

ちなみに最初のBuenos díasはスペイン語でおはようという意味です!この単語だけでも覚えて帰ってください!(笑)

 

 

読んでくれた人は川島に読んだよ! と伝えてみてください。

 

川島は飛んで喜びます

 

 

明日はオープンキャンパスの日です!志望校や学部について悩んでいる人必見です!遅刻参加しても大丈夫ですが、この貴重な機会を逃さないように絶対参加しましょう!

 

 

本日の茗荷谷校の順位は

74位/1000校

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

明日2月10日(土)

開館時間:10:00

閉館時間:21:45

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

 

過去の記事