6月も最終日! | 東進ハイスクール 茗荷谷校 大学受験の予備校・塾|東京都

東進ハイスクール 茗荷谷校 » ブログ » 6月も最終日!

ブログ

2023年 6月 30日 6月も最終日!


こんにちは!!

茗荷谷校担任助手一年の高尾萠花(たかおもな)です!

 

最近は暑い日が続いていて、冬が大好きな高尾としてはしんどい限りです。これ以上熱くならないで、、、、

昔東進の自習室で勉強していたら体調不良で倒れかけ、松下さんに助けてもらったことがあるのですが、その一番の原因は水分不足でした、、。勉強に集中していると、つい飲み物を飲むのを忘れてしまうこともあると思います。ちょっとでも体調が悪いなと思ったら、まず第一にお水を飲みましょう!!(笑)

 

 

さて、六月ももう今日で最後です。今回は少し受験生向けのブログかもしれません。(低学年の人は来年や再来年のことを思い浮かべながら読んでみてください!)

 

この一ヶ月、皆さんがチームミーティングで度々言われてきた言葉がありませんか?

6月末で受講を終わらせよう!

これです。なぜ毎週口酸っぱく言ってきたか。それは、7月以降は過去問に専念してほしいからです!!

 

最近になって、校舎にも共通テスト過去問演習の進捗パーセンテージや大門別演習数のランキングが張り出され始めました!

早速ランキングに載っている皆さん、素晴らしい!!ランキングに載ることを一つのモチベーションにするのもありですね。

 

過去問演習を始めて気づいた人もいるかもしれませんが、過去問を解いて、復習をするだけでもめちゃめちゃ時間がかかります!しかもこの時期は、知識や問題演習が十分じゃないので、間違いも多いです。間違いが多いと、復習量も増えるので、知識を整理し直すだけで1日が終わっていた、、、なんていうこともあります。

 

茗荷谷校は、7月末までに共通テスト演習5年分は終えて、以降夏休みは2次試験や私大の過去問演習に集中しようという方針です。

2次や私大レベルになると、一科目の試験時間も伸びて、その分復習にかかる時間も増えます。今よりもっとやるのが大変なわけです。夏休みは朝から晩まで勉強できる人が多いと思いますが、一日あれば何でもできる!!と思っているそこのあなた、過去問演習をしていたら1日はあっという間に終わります。

 

知っている人もいるかと思いますが、今東大に通っている高尾は、志望校を東大にしたのは高3の6月です。

6月の第一回東大本番レベル模試をフラッと受けて、問題の難易度に驚愕し、当然E判定をくらい、その上で決めました。下剋上することにしたわけです。では、去年の、7月を迎える高尾の勉強進捗はどんなだったのか。

通期の受講は春休みまでに何とか詰め込んで終わらせ、それに加えて物理と化学のセミナーやリードαレベルの問題集の一周も春休みまでに終わらせ、夏期特訓としてとった5コマの受講や問題集の2週目、重要問題集レベルの1周目をこの頃にはほぼ終わらせているくらいでした。

今振り返ってみると、過去問演習に専念する環境が整っていたということです。それでも直前期、東大は私にとっては五分五分でした。

大学に入ってからの試験でも実感していますが、過去問は本当に大事です。過去問5年で本番に臨む人と、10年、15年やって本番に臨む人では受かりそうなのは後者だと誰でも思うはずです。もちろん、質も求められますが、まずは量なのです。

 

ここまで読んで、少しでも危機感を持った人、いるかと思います。

今から何ヶ月か前に戻って受講をするというのは無理な話ですが、今からでも遅くないのもまた事実です。今日でギリ終わる人、ナイス!!終わらない人、今日はもう6月30日なので、この1日でできる受講には限りがあります。でも!7月に入ってしまうけれども!

1日でも早く受講を終えませんか?

ここで、「よし!!」と思ってくれた人はいい心意気です!!ここまでブログを書いた甲斐があります(笑)

 

 

少し厳しめに話をしてきたので、、、

最後に、ボカロ好きな高尾がこの時期必ず聴きたくなるボカロをご紹介!(このブログを書きながら高尾も聴いていました)

それは、「とても素敵な六月でした」という曲です。聴きたくなる理由は題名の通りです(笑)

いつ聴いても哀愁を感じるいい曲ですがやはりこの時期に聴くと一層良さが際立つので、勉強の合間の休憩にぜひ聴いてみてください!!

 

 

今日の茗荷谷校の順位は

335位/1000位

 

.˚⊹⁺‧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈‧⁺ ⊹˚.

明日(7月1日)

開館時間: 10:00

閉館時間: 21:45

.˚⊹⁺‧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈‧⁺ ⊹˚.

 

 

最新記事一覧

過去の記事