試験のドキドキ | 東進ハイスクール 茗荷谷校 大学受験の予備校・塾|東京都

東進ハイスクール 茗荷谷校 » ブログ » 試験のドキドキ

ブログ

2024年 2月 8日 試験のドキドキ

こんにちは!まさかのもう2月ですね、、、大学生は実は春休みでいろいろやりたいことを実践しようとしております冨樫です(^^)

 

受験生はもうすでに受験が終了したり、あと遅くても1カ月で終了する人が多いですね、、。非常に早いあっという間の1年だったかと思います。

また、次のブログできっとそのことについて書く気がするので、一度ここまでにしておきますね笑

 

 

さあ、今回残りの受験生活もわずかとなってきたところで!

 

 

「試験の時の意識してみてほしい事」

 

 

試験当日、辺りを見渡せば頭がよさそうなライバルばっかりですよね。

実際にその人がどんな人かわからないのに、なぜかキラキラして見えて、自分が一番頭悪いんじゃないか、みたいな考えに陥るかもですが、

そんな時、私がやっていた方法!

 

 

あんまり口を大にして言えないのですが、

「とにかく自分が一番だと思い込むこと」

 

 

これまで、自分行ってきた努力量はこの会場では一番だ。

この単語帳をぼろぼろにしている私は一番だ。

 

根拠なんていりません。一種のプラシーボ効果です!

(プラシーボ効果が分からない人は調べてください笑)

 

 

私のある担当の生徒も、本番どうしても周りが気になって、全員頭良く見えて緊張していたようです。

言葉を選ばずにこれを伝えることができませんが、根拠のない自信が一番試験本番で意識するだけで一気に見えてくる環境が変わると思います。

 

その意識をしてから会場を見渡してみてください。ほら、あなたしかいないんですよ頑張ってる人。

 

 

私はこの意識で試験本番すべてを挑みました。結果はどうであれ、最終的な受験勉強全体の評価が上がりましたし、一種の今後の自信にもつながりました。

 

私が実際にどんな意識で挑んでいたのかは具体的には語れませんが、もし気になったら聞きに来てください笑

そんなことする以前に、皆さんはそれ以上に努力しているのでまずは自分を信じることも大切です☆

 

 

会場に到着したことが一番最初。会場での単語帳を開き始めたのが最初。

耳タコですが、「一番であること」「最初であること」「頑張ったこと」

何でもいいです。今、どうしても自信がでなくて今までの試験会場で周りの圧にやられてしまった経験のある人は、オススメします!

 

 

私が担任助手をやるうえで毎回伝えている

「試験最終日にやり切った」と思える事。

 

極論、終わりよければすべてよしです。

 

だからこそ、受験生の皆さんには緊張に支配されて、何もできなかった。ということをしないでほしいです。。。

何でもよいので、根拠のない自信をもって。

 

最後まで全力で挑んできてください!

 

家でも校舎でもどこでも応援しております🔥

 

 

本日の茗荷谷校の順位は

71位/1000校

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

明日2月9日(金)

開館時間:13:00

閉館時間:21:45

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

 

過去の記事