直前期の勉強法 | 東進ハイスクール 茗荷谷校 大学受験の予備校・塾|東京都

東進ハイスクール 茗荷谷校 » ブログ » 直前期の勉強法

ブログ

2024年 2月 10日 直前期の勉強法

皆さん、こんにちは!

茗荷谷校一年担任助手の矢井です!!

最近、テイラースウィフトが来日してライブを東京ドームで行ったそうですね!

ニュースで取り上げられているのを見ましたが、影響力が大きすぎて、大統領選挙の結果を彼女が左右しかねないんだそうです!

とんでもないですね!そんな人が来日公演を行っているなんて、いかにすごいことかわかりますね!

 

さて、本題に移りましょう!

今回は、

直前期の勉強法

 

直前期、何していいのかわからなくなりますね!当然です!直前期は今まで一度も来ていないので、何をしていいのかわからなくて仕方がないでしょう!

今回は自分の直前期にやってよかったこと、悪かったことを踏まえて、このことについてお話ししたいと思います!

①バランスよく科目に触れる

直前期になると。自分が苦手な科目の底上げや、得意の科目を更に伸ばすことに注力しがちですね!自分も得意の英語を固めて、苦手な世界史をしっかりと復習をしていました。

しかし、併願校の受験を迎える際に、数学と古文が思ったより解けず、焦りに焦った記憶があります。本番でそうなったら、当日も焦りますし、人によってはメンタル的に引きずる人が多いのではないでしょうか?

そうならないように、しっかりと触れてない期間が3日以上あるような科目はないようにしましょう!

②受験当日の復習はほどほどに!

直前期というと、やはり併願校の受験も重なってきます!!併願校の受験をした当日、模試のようにしっかりと復習するのも大事ですが、それ以上に大事なこととして、同じ入試はもう来ないということを頭の中に入れてほしいです!

国立を志望している受験生の皆さんにとって、私立併願校の入試はあまりにも傾向が違う場合もあります。私立受験者でも、併願校に特有の問題もあるでしょう!そういう問題に時間をかけてしまっては、時間がもったいないです!直前期なので、時間は大切に使っていきたいところ。

勿論、同じ大学の入試の場合などは、傾向が似ていたりもするので、しっかり復習しても全然大丈夫です!

次の入試につながる復習をしていきましょう!

 

以上2つの点で今回はお話しさせていただきました!

直前であればあるほど、調整は難しいですよね!

一日一日を大事にしていきましょう!がんばれ受験生!

 

 

本日の茗荷谷校の順位は

75位/1000校

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

明日2月11日(日)

開館時間:10:00

閉館時間:19:00

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

 

過去の記事