模試に対する考え方 | 東進ハイスクール 茗荷谷校 大学受験の予備校・塾|東京都

東進ハイスクール 茗荷谷校 » ブログ » 模試に対する考え方

ブログ

2023年 11月 2日 模試に対する考え方


こんにちは、こんばんは、担任助手一年の高尾萠花です!!

 

ついに今日から11月ですね、、あと二ヶ月で今年が終わるということに驚きを隠せません(笑)

最近少しずつ気温が下がってきて、自分としてはもっと下がってほしいと思ってます!

何故かというと、毎朝学校に行くときに聴きながら外を歩きたい曲があるからです。素敵なBGMで有名なしゃろうという方の「10℃」という曲です。この音楽が本当に好きで、何年も前から朝の気温が10℃くらいになってからはこれを聴いて学校へ向かうというのが日課になっています。(まだこれを聴くには気温が高すぎる、、)

大学入試の試験日の朝とかにも聴いていたと思います!毎日これをするとか、これを聴くとか、そういったものがあると、何か特別なことがある日でも、いつも通り過ごせるので、みなさんも見つけてみてはいかがでしょうか!!

 

さて、今回のテーマは、、、

模試を受ける時の心構え

です。

前2回のブログでは、なぜ全国統一高校生テストを受けた方がいいのかということについて(低学年向けに)書かれているので、まだ読んでないよって人はぜひ!

今回は、ではどのような心持ちで模試を受ければいいのかということを話していきます!

 

まずは、対受験生です。(長文なので、時間もったいないという人はとりあえず色付き太字をみて!笑)

受験生にとっては共通テスト本番前の残り2回となった貴重な模試です。

あと二ヶ月ちょっとで本番がきてしまうという焦りを感じている人も多いと思います。そんな中で、今回の模試で酷い点数をとってしまったらどうしよう、、、前回から伸びていなかったらこれまでの勉強は無駄になってしまったのかな、、、など、ついついマイナス思考に陥りがちです。

私は模試や試験を受ける時に緊張するということがあまりなく、緊張のせいでいつもの実力が発揮できないという経験はほとんどないのですが(多分珍しい)、過去の模試について生徒に話を聞いていると、普段とは違う環境のせいで上手くいかなかったという人が多いように感じます。

折角何年も頑張って勉強してきたのに、本番緊張のせいで実力が発揮できないのはとても悔しいことですよね?

よく言われることですが、やはり、模試はいつもとは違う環境で試験を受けることに慣れる貴重な場というわけです!!

先ほど、試験でほとんど緊張しないと書きましたが、私にも一回、緊張して実力を出しきれなかった経験があります。試験ではなく習い事の発表会ですが、先生に、初めて緊張しました、と言ったところ練習期間が短かったからじゃない?と言われ、確かに、受験が終わってから一ヶ月ほど練習しただけだったので、その通りでした。

つまり、自分がどれだけやったかということが自信に大きく繋がるです。

私は受験生の時、入試本番で、「大丈夫。誰よりも勉強してきたから。」と思えるように勉強しようと思っていました!!実際に中学受験の時、本番前日に自然とこの言葉が浮かんできて、合格をしたので、こう思えれば大丈夫なはずという自信がありました!

 

もう一つ、私が模試を受ける時に思っていたのは、前より成長していればいいということです。

先ほども書きましたが、模試は本番に近い形で試験を受けれる機会です。なので、模試だからいい点を取らないと、とつい考えてしまいがちです。もちろん、どんな点数でもいいやと思って受けるのは違いますが、気負いすぎも良くないのかなと思います。

例えば、

・前回の模試から今まで、この科目や単元を特に頑張ってきたから、そこが解けるといいな

・この科目は得意だからいつも通りやってちゃんと点をとろう

・結局は合計点が大事なので、前回より出来が悪いところがあっても他で補えてれば一旦良しとしよう

などなど、点数に関する目標も大切にはしつつ、点数に関係ない、前回より成長した点があるような模試にしよう。と思ってみてはどうでしょうか!!

 

三つ目は、入試において私が大切だと思うこと。それが、切り替え力です。

模試は基本的に1日で朝から晩までつめつめで行われるという形ですが、実際の共通テストは二日間に渡ります!国公立入試でも二日間開催なことが多いです。

1日目に自分的に失敗してしまった時、上手く気持ちを切り替えられずに、次の日の分の勉強が捗らなかったり、勉強したとしても気分が上がらないまま二日目の科目を解くことになったりしてしまうと、実力を発揮できないことになってしまいます。

しかし、切り替える練習は、模試でできます!前の科目で上手くいかないことがあった時、短い休み時間の間で、いかにそのことを忘れ、次の科目に集中できるか、ということを意識してみてください!

 

最後に、低学年に向けて少し書こうと思います!

低学年のうちから模試を受けて、そのスピード感や雰囲気に慣れることは後々とても役に立ちます。

まだ履修していない範囲が出ることもあると思うので、、

・自分が習ったところだけでも頑張ってとこう!

・最近学校のテストのために勉強したところはいい点が取れるようにしよう!

など、部分的に自分ができる範囲で最大限の点が取れるような意識をしてみたらいいと思います!!

 

長くなりましたが、今回のブログはこれで終わりです。11/5の模試まで後三日!!受験生も低学年もひとつひとつ丁寧に努力して良い模試にしましょう!

 

今日(11月2日)の茗荷谷校の順位は

330位/1000位

 

.˚⊹⁺‧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈‧⁺ ⊹˚.

11月3日(木)

開館時間:13:00

閉館時間:21:45

.˚⊹⁺‧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈‧⁺ ⊹˚.

 

最新記事一覧

過去の記事