8月センター模試に向けて | 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2013年 7月 29日 8月センター模試に向けて

みなさんこんにちは、担任助手の風間です 😉

高3生の皆さんは校舎内センター模試も終わり、自分の課題をみつけ頑張っていると思いますが、

まだセンター試験の演習が上手くいっていない人も多いのではないでしょうか?

何度も言われているとは思いますが、夏以降はセンターの点数を大幅にのばすことは難しくなります

 9月以降は2次試験のための演習過去問演習に多くを使うことになるからです。

実際に私が高3だったころの例をお見せします。

英語は8月に9割近くとることができました。9月以降は和訳・英訳の授業を受けたり、長文の演習や過去問演習を進めセンターの問題にはほとんど触れることはありませんでした。 結果センター本番では9割に届かなかったものの8割以上の点数を取ることができました。

一方物理は、苦手意識が強くやる気がおきず自分に甘えて勉強しなかったため8月の模試では6割しか点数が取れませんでした。 9月以降は2次の勉強を進めましたが、2次の物理をやるにしても基本がぬけているので時間がかかりとても効率が悪かったし、2次はセンターよりも何倍も難しいため苦手意識を拭いきれずとても苦労しました。 結果的にセンター当日も6割という悲惨な点数を取ってしまいました。

 

「センター試験の演習」というと

「私は私大だからセンター使わないし・・・」

「2次のほうが配点高いからセンターをやっている暇がない」

と思う人もいるかもしれません。しかし!センター試験は2次試験の演習の基礎なのです!

基礎ができなければ2次の演習も難しく、時間もかかってしまいます。結果的に9月以降「間に合わない><」と焦るのは君たちです!

8月で点数がとれなければ志望校には受からない

これくらいの意識で挑んでほしいです。

 

茗荷谷校の生徒でセンター演習を頑張っている生徒は、週に大問を70題ほど解いています!とても頑張っていますね!!

 

 

目標点を取るためには具体的に今何をすべきなのか、どうすればやりこなすことが出来るのか、しっかり考えて勉強しましょう。

何からやればいいのか、何をしたらいいのか分からないときは、担任や担任助手に相談してください^^