221?221? | 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2021年 6月 7日 221?221?

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

茗荷谷校担任助手の三浦です!

突然ですが皆さん、

221!何の数字なのか分かりますか??

ヒントは毎日東進POS上に表示されているものです。

そう、共通テストまでの残り日数です!

これを聞いて皆さんどう思いますか?

まだまだ時間があるように感じますか?

それとも同日模試からもうそんなに時間が経ったのかと不安に思うでしょうか。

どんなに不安に思ったとしても残された時間は、みな平等です。

同日模試から今日までの時間、それをあと2回繰り返したらもう本番です。

高2の皆さんももう受験生としてスタートを切るわけです。

いままでの受験勉強を、勉強を振り返ってどうだったでしょうか?

100%の努力ができた!という人は少ないと思います。

このままの努力量で大丈夫でしょうか?

僕の周りにも受験期の時、いつか本気で頑張る時期が来るだろうと思ってそこそこの努力で満足している人が少なくありませんでした。

そのような人たちは皆総じて落ちていました。

受験は、努力すれば受かるものではありません。

努力しても落ちることがある熾烈な争いです。

そういったことを理解して然るべき努力をしている人は受験生全体の何%なのかは分かりませんが、それが用意された定員の数よりも多いことは僕の受験期を通して確かだと言えます。

完全な持論ではありますが、どんな高倍率な大学、学部でも、実際の倍率は1.5倍もないのではないでしょうか。

それだけ、本気で頑張れている受験生の割合が少なく、それほど本気で頑張れている生徒は合格に近づくわけです。

(当たり前の話ですが。)

完全に僕の持論の紹介になってしまいましたが、何か感じたことはあったでしょうか?

あったにしろ、無かったにしろ、この先共通同日からの日数がはやく過ぎたようにあっという間に受験は終わります。

合否に、関わらず1.5倍を争う層で努力し続けるけることが大事だと思います。

是非、残された時間の使いかたを考えてみて下さい!

明日の開館は13時

   閉館は21時です