テストを頑張る君へ | 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2021年 5月 24日 テストを頑張る君へ

皆さんこんにちは!お久しぶりな気がします!担任助手の一木です。

 

さてさて、5月も終わりに近づいてきたわけなのですが、大半の皆さんはテストシーズンなのではないでしょうか?今テスト真っ只中の人や、終わりかけている人もいるかもしれません!

テストというものは例外なく生徒に不安感と重圧を与えるものです。寝ても起きてもテスト範囲のことを考え、膨大な量の暗記科目に絶望し、2週間前から勉強をはじめなかった自分を呪う…それがテストなのです。

逆に、このようなテストだからこそ、終わった時の解放感たるや計り知れないものがあります。テスト期間も3日目ともなれば、全てが終わった時のことを考えて、崩壊しそうな精神状態を保ったものです。

おそらく皆さんも、今からテストが終わった時のことを考えているでしょう。

テストが終わったら、封印していたあの漫画を読みまくろう、、溜めていたYouTubeを一気見しよう、、友達とテストお疲れ会しよう、、

さあ、行きましょう!楽しい楽しい「テスト後」という世界線に!!!

…それ、ちょっと待ってください!!

 

 

皆さんは大学受験をしようとして東進に来ているのです。

私は受験生として去年1年間を過ごしましたが、受験半年前ともなれば、本番までの残り6ヶ月は毎日がテスト2日前のようなものです。もはや終わらないテスト期間なのです。

今テスト期間で皆さんが味わっている辛さが少なくとも6ヶ月続く、、、。

そして、「もっと前からちゃんとやっていれば…」という後悔もまた、味わうことになるのです。

考えただけで辛いですよね?私も今、書いてきて悲しくなってきました。

高1・2の皆さんは、今はテスト2週間前、1週間前にいると仮定できます。

今回の中間テストに置き換えてみてください。

2週間前に遊んでしまった後悔はありませんか?1週間前の勉強量が足りなかった自分への怒りは?

中間や期末はこの先何回かありますが、受験は1回しかありません。「次は2週間前から英単語覚えよっと」という世界線は存在しないのです。

 

さて、ここまで読んできた皆さんは、果たしてどうするべきなのでしょうか?

テストが終わっても、パーリィしたい感情をグッと堪えてください!

青空の下、開放感を噛み締めてから、東進に来ましょう。テスト期間中に溜めてしまった高マスや受講(まず溜めないでください)、そして笑顔の担任助手が君を待っています。

 

今からでも、自分の担当の担任助手を見つけたら(担当じゃなくても)、テスト後にやることを宣言しておきましょう!

自分から宣言しなくても、もしかしたら担任助手に聞かれるかもしれないので、答えを準備しておけるといいかもしれません。

 

皆さんが、テストも勉強も頑張れる東進生になれると信じています!

 

☀️明日の開館時間は13:00

          閉館時間は21:00です☀️