2ヶ月で36点UP!共通テスト英語リーディング時間足りない人集まれ‼︎ | 東進ハイスクール 茗荷谷校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2022年 1月 9日 2ヶ月で36点UP!共通テスト英語リーディング時間足りない人集まれ‼︎

 

こんにちは。西井杏樹です!

今日も一日お疲れ様です🍵✨

今日は共通テスト直前!というわけで、受験生にも、低学年にも、役に立つと良いなと思って、共通テスト英語リーディングの今から点数を伸ばすとっておきの作戦をお教えします!😏

英語のリーディング 思うように点が取れなかった理由、堂々の第一位は…

時間が足りない!!

ですよね…

時間があればとけるのに…!何度耳にしたことか数えきれません。

私自身もそうでした。以前ブログで成績を伸ばすために3ステップ(原因分析→解決策を考える→実行)を踏もうとお話ししましたね!

この3ステップを踏んだことで、私の英語リーディングは、2ヶ月で、56点から92点に…36点伸びました。

6月の模試 点が取れなかった原因は…

そう!時間がなかった。

私の実行した解決策のうち短期間で一番効果があるものは

①自分の解き方ガイドブックを作る。(大問別の時間配分 1秒でもロスタイムをなくすためにこのタイプの問題はどの順で目を通すか、

どうとくか)

②必要な情報は一体何なのか。必ず明確にしてから、本文を読む。

です。

過去の模試でも、対策演習の問題冊子でも、何でも良いです。どう解いたらロスタイムをなくせるのか、どんどん書き込んで作戦を立ててみて下さい。(①)

私の作戦を教えると、(効果絶大なので、誰にも言っちゃダメですよ〜🤫笑)(②)

  1. 1️⃣先にその大問の、全問(サラッと)問題文を読んで、日本語で、何が聞かれてるのかを、本文の横にメモする。(例 サリーの出身地はどこ?)
  2. 2️⃣本文を読みながら、必要な情報が掴め次第、問題に解答する。(『サリーはアメリカのサンフランシスコで生まれ…  』本文に出てきた瞬間解答!)

これだけです。

なんの情報が必要なのかあらかじめ明確にすることで、本文を読みながら解答でき、本文を読むのが一度で済むので、ロスタイムが無くなります。また、根拠のある解答であり、見直しも楽になります。

…イメージつきますかね?

↓実際の私のガイドブック(?)の写真です

字が汚いですが、お許しを…

 

皆さんの少しでも力になったら、嬉しいです!

困ってることやわからないこと、詳しく聞きたいこと、があれば、どしどし聞きに来て下さいね😉🙌

みんな頑張れ〜📣🐥

Dear 受験生

頑張ってきた自分のためにも、未来の自分のためにも、今の自分がやってやるしかないです!もう春はすぐそこまできてます!泣いても笑っても本当にラストスパート!後悔を一片たりとも残さないで、全力で駆け抜けよう!「落ちたらどうしよう…」なんて、落ちてから考えれば良いことです!勝てると信じた奴が勝ちます!合格する未来を、今自分の手で作りましょう。

Dear 低学年

もう戦いは始まってます!高3になったら、みんな頑張ります!中々差がつきません!高1高2で差をつけよう。後悔のない日々を‼︎

くれぐれも体調には気をつけて下さい🙏✨

明日の開館10:00✨