3月の学習アドバイスを見よ!! | 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2013年 3月 10日 3月の学習アドバイスを見よ!!

またまた、担任助手の橘田です 😆  

皆さん、TOSHIN TIMES”読んでますか?校舎にもおいてあるので、ぜひ毎月読みましょう。あまり注目されない存在ですが、受験に関するさまざまな情報が詰まっています。

そんな今月のTIMESの「今月の学習アドバイス」はあの渡辺勝彦先生が書いてくださっています。今回はその抜粋を乗っけようと思います。

————

《新高3生》「今さら」「どうせ」無理は絶対禁句一カ月は一年より長い

英語は高2の3月31日までにケリをつける。高3はその英語力をキープしつつ、他教科で逃げ切る」。これが、…難関大現役合格へのシナリオです。…「そんなの無理!」という声が聞こえてきそうですね。

しかし、合格したいと心から思うなら、「『今さら』『どうせ』無理」というネガティブな言葉は一切禁句です。人生は、否定的な言葉を放った瞬間、その言葉に見合ったものになってしまうからです。

…今この記事を読んでいる諸君の中には、「あと1カ月しかないのに……」と困惑する人もいるかもしれません。(しかし)人は、悩んでいる時間や行動を起こすまでの時間が意外と長いのです。…「あと一カ月しかない」とか、「どうせ俺なんか」と迷っている時間があるなら、今この瞬間に「○○大学に合格する」と決意して、本気になって取りかかりましょう。

《新高2生・新高1生》難関大合格のために最も必要なのは「今すぐスタートできる力」

皆さんへ私が伝えたいのは、「本気で難関大を目指せ」ということです。

難関大に合格することは、まるで一部の天才が奇跡でも起こすような離れ業だと思われがちですが、…ごく普通の生徒が、当たり前の時期に当たり前のことを当たり前にこなした、ただそれだけのこと。

頭の良し悪しや現状の成績、高校のレベルなどは、大学入試において一切関係ありません。周りの誰よりも早く「本気でスタートできるかどうか」が勝負の分かれ目となります。…。「明日からやろう」ではなく、やると決心した「その日」が君の人生を変える『運命の日』なのです…。

高2を制するものが、大学入試を制す」。…高2の終わりまでの時間が受験最大の山場だということを再認識し、いいスタートを切ってください。人間の能力の差などほとんどない、もしあるとすれば、いいスタートを本気で切れる能力の差だと付け加えておきましょう。

———

いかがですか?どの学年においても、春休みという今この瞬間重要です。

毎年直前期になってから後悔する生徒はたくさんいます。そうなるのかどうか、皆さんは今その岐路に立たされているといえるでしょう

皆さんはどちらを選びますか?