高3。主要科目は順調、さあ理社は? | 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2013年 5月 14日 高3。主要科目は順調、さあ理社は?

 

(高2までに英数国の主要科目は大分固まってきた。模試の成績表をみても、合格者ラインには乗るようになってきたな・・・!)

順調に勉強を進めている君へ。それでは、理科・社会の選択科目はどうでしょう。

現役生と浪人生、最も本番の試験で点数の差が付くのは実は理科・社会なんです。

それは、現役生は理社を英数国より圧倒的に遅い時期に始めるため、入試レベルに到達する前に本番に突入せざるを得ないからであるのです!!

確かにそうですよね、もう1年余裕がある浪人生がライバルとなると、そう順調だとは言えなくなってしまいますね・・・。

東進では、現役合格を応援するために、現役のうちに選択科目を完璧にする指導を行なっています。

橘田担任助手の担当生徒である高3の藤原くん。彼はなんと選択科目を既にほぼ完成させている東進生の1人です。

 高2までに学校で一通り社会の全範囲の履修を終えてから、急ピッチで「東大対策地理」を進めた結果、もう既に過去問演習の段階に来ています。世界史も、「論述世界史」という記述講座を進めていて、もう少しで完成の段階に。

まだ理社の進捗があまり良くない・・・という高3生、映像授業で進められる東進なら今からでも間に合います!

現在は高3生対象の招待講習を実施しているので、5回の体験授業を受けてみたいという方、ぜひこちらを覗いてみてください。 担任助手 繁田

 

体験授業申込はこちら↓

資料請求はこちら↓

Web体験授業はこちら↓