高1,2からのセンター試験形式模試とは? | 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

校舎からのお知らせ

2013年 5月 19日 高1,2からのセンター試験形式模試とは?

お久しぶりです、担任助手の田中です 😀

今日はセンター試験高校生レベル模試が行われました!

 

 

 

センター試験高校生レベル模試とは主に高1・2年生が受験する模試です!

早いうちから積極的にこういった模試に参加するのはとてもよいことですね(*^^*)

 

 

今日はセンター試験高校生レベル模試の特徴について話します!

センター試験高校生レベル模試の特徴は大まかに3つあります。

 

①センター試験の形式を知れる、絶対評価の連続模試

センター試験高校生レベル模試は、大学入試のスタンダードであるセンター試験形式で出題される『絶対評価』の連続模試です。よってセンター試験の形式・傾向を知ることができます!数カ月ごとの連続実施なので、前の自分からの伸びと今後の課題を確認することが出来ます。なんとなく勉強するのと、自分に何が足りていないのか、今何をすればいいのかを考えて勉強するのとでは勉強の質もかなり違ってきます。そういったことを確認できるのが模試の特長ですね(*^^)

 

②高2の夏までにセンター試験本番で80%を得点できる実力を養成

難関大合格者は、受験の基礎となる高校標準レベルの学力を早期に完成させています。センター試験高校生レベル模試は、高2の夏までにセンター試験で80%を取れることを目標に各回の問題が作られています。まだ学校で習っていないのが出たらどうしよう・・・と心配しているかもしれません。しかし安心してください!選択問題で個別の学習進度に対応しています。高1から難関大を目指す人には最適の模試ですね。

 

③試験実施から7日後の成績表スピード返却

従来の模試では、試験実施から成績表返却まで3週間から1カ月くらいかかりますよね(^_^;)忘れたころに返ってくるというような・・・。センター試験高校生レベル模試では、試験実施7日後に成績が返却されるので、模試の時の気持ちが残ったまま自己分析ができると思います!また成績表は志望校合格に向けて現在の時点で何を勉強すれば良いかを具体的に表示してあるので、的確な学習計画を立てることができます。 センター試験高校生レベル模試の成績表では、志望校合格のために、全科目合計であと何点必要なのか、さらには各科目別、各大問別にあと何点必要なのかがひと目でわかります。

 

(・~・;).。oO(まだセンターレベルは早いかな……)

なんて思っているあなたにも是非おすすめです 😛

次回は7/14にあるので、カレンダーにチェックしておいてください^^

 

田中

 
 
 
 
体験授業申込はこちら↓

資料請求はこちら↓

Web体験授業はこちら↓