部活動と受験勉強 | 東進ハイスクール 茗荷谷校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2021年 3月 28日 部活動と受験勉強

皆さんこんにちは。昨日、中学高校時代に所属していた合唱部を引退してきました!!(コロナで引退公演が1年延長になっていました…)

今日は学生時代に戻った(?)昨日の思い出を振り返りつつ、部活動が受験勉強とどのように関わりがあるかについてお話していきたいなと思います。

 

佐久間の中高6年間の思い出は、ほぼ、合唱部の活動で構成されています。

・歌を通して学校、地域の人、全国中継でテレビを見ている人を活気づけられたこと
・ボランティアに対する興味がわいたこと
・同輩と切磋琢磨したこと
・つらい練習に耐えて6年間続けたこと
・社会に出たときの基本である挨拶などのマナーが身についたこと
・全国1位を取ったこと
(・全国大会の遠征の前に数学の定期テストで赤点を取ったこと)←撃沈
あげたらきりがないですけどね。

 

全力投球して燃え尽きて心身ともに疲弊していた時期もあったのですが、受験期、「部活やっててよかったな」と感じることがいくつもあります。

 

・模試や過去問が悪い結果の時、全国に行けなかったときの気持ちを思い出して切り替えがうまくいった
・つらくても「耐え続ける」ことができた
・面接の受け答え、礼儀においては部活で学んだことが本当に活きた
・ボランティア、テレビ出演などの体験から様々な視点を持って大学学部研究ができた
常に他者に感謝する心を忘れずに努力できたこと

 

一見離れて見える部活と受験勉強、やることは違えど、


「基礎を怠らないこと」
「強い精神をもつこと」


この観点からみれば相関性しかないです。
全力で部活に打ち込んだ経験のある生徒が、引退してからめきめき点数が伸びた、という結果があるのも、限られた時間の中で集中力を高く保って努力することが既に身についている部活生だからこそだと思います。

 

今、部活が理由で疲れて勉強できない、だとか、部活が忙しいから受講ができないだとか、嘆いているそこの皆さん、

 

「部活生だからこその集中力、発揮できていますか?」

 

そもそも東進は部活と両立しやすいシステムになっています。自宅受講もできるし、自分のタイミングで受講することができる

でもそれに甘えて「部活疲れたし今日はいいや」となっていませんか?
これが毎日部活ある人だったら1週間受験勉強から遅れを取って、毎週定期的に授業を受けている人にも、毎日受講を徹底している東進生にも、負けてしまいますよ。

頑張りましょう。

部活と受験勉強に勤しむ毎日は、つらいけれど、振り返ってみるとあれほど充実した毎日はなかったなと感じます。今が正念場。頑張りましょう。

 

それでは。

#東進 #茗荷谷 #予備校 #入学