睡眠についての豆知識 ※寝不足の人必見!! | 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2013年 1月 31日 睡眠についての豆知識 ※寝不足の人必見!!

こんにちは、担任助手の宇野です。最近は寒い日が続いていて、朝は布団からでるのがつらいですね。

大学では今の時期に後期試験があって、一夜漬けのオンパレードになっています。一層布団からでるのがつらくなっているわけですよ。

それで次の日には昼過ぎまで寝て、回復しています。

こうした寝不足のことを急性的睡眠不足っていいます。

 

一方、毎日それなりの時間(3時間以上6時間未満くらい)を寝ているのに、いつもなんとなく眠いっていう状態の寝不足を慢性的睡眠不足といいます。

これにあてはまる人は結構多いんじゃないかな?自習室で寝てしまう人は必見ですよ!

 

この慢性的睡眠不足の解消方法は休日に一気に睡眠をとることではないんです!

長時間寝た後には頭がすっきりして、睡眠不足も解消された感じがしますが、気のせいです。一時的なものです。

これを解消するには、長い期間しっかり睡眠をとり続ける他にありません。毎日6時間寝るとかですね。

慢性的睡眠不足が長期間続くと、その状態が当たり前になり、常に集中力が低下した状態になってしまいます。

そうなると、勉強の効率も下がってしまってもったいないですね。

毎日6時間睡眠!これを意識してみてほしいと思います。 

もしかしたら、普段の倍の単語が覚えられるようになるかも?

 

おまけ

自習室が暑くて眠くなるのは正直よくわかるんですよね。でも既に冷房22度とかで空調はフル稼働中です。

一応設定温度は下げれますが、おそらくは焼け石に水でしょう。自分の現役時代も暑かったですしね。

そこで、自分がやっていた眠気を覚ますいい方法をここで教えます。

①自習室での格好のまま、暗記系の参考書を持ちます。

②自習室からでます。

③ビルからでます。

④参考書を見ながら近場を5分ほど散歩します。 ※事故には気をつけよう!

⑤あら不思議!体が冷えて眠気もさめる! ※風邪を引かないようにしよう!

以上です!人間歩きながらのほうが暗記しやすいそうなので、そういう意味では悪くないんじゃないかなと思います。

自分はこの方法で、眠気を覚まして、世界史を覚えて、リフレッシュもしてました。

ただ、全員に効果があるとはいえないので、「よさそうだな」と思ったら是非やってみてください!