熱い夏にしよう! | 東進ハイスクール 茗荷谷校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 6月 24日 熱い夏にしよう!

先週の日曜日にようやく神宮に行けたうえに、なんと塩見選手から手を振り返してもらっちゃった、担任助手1年の山田菜緒です。

本日は、私の高校の後輩でもあり、日々茗荷谷校を引っ張ってくれているトップランナー、Hさんの誕生日です🌸

おめでとうございます🎉

この子は毎回ブログを読んでくれているので、前々からお祝いしようと決めていました!!

 

 

本題の前に少しだけ野球の話を書くと、私が大好きなチーム、『ヤクルトスワローズ』はヤクルト1000の売り上げとともに、絶好調!現在11カード連続で勝ち越しております。しかし、今では圧倒的強さを誇っていますが、2年連続の最下位、2019年には16連敗を経験し、数年前までは開幕前の順位予想が最下位なんて当たり前だったんですよ!!

じゃあどうして強くなったのか?

一言では言い切れませんが、『若手の活躍』が主な理由だと私は思います。(これ以上深堀りすると、いつまでも本題に入れなさそうなので、続きを聞きたい人はぜひ受付で!)

 

 

そして、東進では、若手=低学年ということで、この夏『低学年の活躍』、つまり!!!!

7.8月の2か月連続で向上得点全国1位 を達成して茗荷谷校をもっと盛り上げていきませんか??

これが今日の本題です。

先週松下さんも同じテーマでブログを書いてくださっているのですが、皆さん読んでいただけましたか?あの素晴らしいブログの後に私が書くなんて恐縮なくらいです。でも、私も松下さんに負けないくらい、低学年に対して熱い思いを持っているので、今回はそれを綴っていきます!

 

 

全国1位を目指したその先に、、、

①自信と経験

1位になって嬉しくない人はいないですよね!前回1位になったときに、「自分はあまり貢献できなかった、、、」と言っていた生徒がいたみたいですが、そんなことはないです!!ひとりひとりが校舎に来ること自体が、1位という結果に結びついています。だって、自分が校舎に来て、誰も勉強していなかったら、寂しいですよね!だから、たとえ向上得点という数字では貢献できていなかったとしても、毎日来たくなる校舎の環境づくりに貢献してくれていたということです。

全国1位の校舎=全国で1番努力できた校舎と言い換えることもできて、そんな校舎で自分が勉強できていると考えたら、モチベーションUPにもつながるし、自分がその一員であることに自信を持てると思います!私自身、高1の3月に個人で向上得点HS1位を取ったことがあるのですが、そのおかげで自信もついたし、なにより自分ってやればここまでできるんだ!と限界突破の末に見えた景色がありました。しかし、私は個人で戦っていたので結構孤独で、特に最後の3日間はとにかく1位になりたくて、精神的にきつかったのを覚えています。だから、皆さんには校舎全体で1位を目指すことで、団体戦といった感じで楽しみつつ、頑張ってほしいんです。この経験は、辛くなったときに、皆さんをもう一度奮い立たせてくれるはずです🤩

もちろん、個人部門での1位も茗荷谷校から出てほしいですし、私が取った144.5点をぜひ超えちゃってください!!

 

②校舎の雰囲気が上がる

茗荷谷校では、今年の1,2月にも全国1位を取っていますが、そのとき私は受験の真っ最中でした。

全国1位が達成される前の私の気持ち

↪「最近受付騒がしくない?!こっちは受験の真っ最中なんだから静かにしてほしいなあ」

全国1位が達成された後の私の気持ち

↪「全国1位なんてすごい!!私もラストスパート受験勉強がんばるぞ🔥」

こんな感じで、私にも心境に変化があったんです。1.2月の受付前やグルメンでの騒がしさ(いい意味)は、校舎の雰囲気が明るかったということを証明しています。

私は、この校舎の雰囲気を再度取り戻したいんです!東進は、映像授業が故に孤独に感じることもあると思いますが、校舎全体で一つの目標に向けて努力することで、みんなと一緒に勉強できているという安心感、そして自分も他の子に負けていられないという競争心が生まれるはずです。それに、どうせだったら雰囲気が明るい校舎で勉強したくありませんか?

低学年の皆さんは、部活も忙しくて疲れているから今日は行きたくないなと思う日もあるかもしれませんが、校舎には同じグルメンor学校で頑張っている子、いつも元気に受付で声をかけてくれるスタッフがいると考えたら、ちょっとだけでも行こうかなと思ってくれるのではないでしょうか?

そして、受験生の皆さんは、当時の私のように低学年の頑張りに刺激をもらい、後悔のない夏にしてください!いまの受験生は、全国1位を経験したことがある代なので、ぜひその当時の自分の頑張りも思い出しつつ、さらに低学年によい刺激を与えてほしいです!このサイクルが続けば、茗荷谷は本当に最強の校舎ですね🌟

まずは、受付の雰囲気づくりが大事だと思うので、スタッフ一同、今まで以上に元気にみなさんに声をかけていきますよ!!

 

③低学年から努力できる者が受験を制す

よく逆転合格した人のエピソードを聞くかと思いますが、そんなに受験は甘いものではありません。低学年のころから努力を続けた人が強いに決まっています!なぜなら、受験生になってから、長時間勉強や早起きなどを始めるのってめちゃめちゃ大変なことだからです!私の担当する低学年のある子は、朝6時に起きて高マスしてから学校に行っていますが、一方でなかなか朝6時に起きて勉強できていない受験生もいます。低学年のうちから早起きする習慣をつけておいてほしかったとつくづく思っています。

そして、

仮に朝の30分勉強を毎日継続すると、1年で182時間30分になるんです!

継続は力なり」ですね!!!

夏休みに長時間勉強や早起きを習慣化できたら、9月からの新学期を、少し違った成長した自分で迎えられるのでは?!私は一応早起きが得意だと自負しているので、もしモーニングコールしてほしい子がいたら、気軽に話しかけて下さいね~

 

 

そして、もう1つ低学年の皆さんに頑張ってほしいこと!

察しが付く人もいるかとは思いますが、東進のおすすめコンテンツの1つ、高速基礎マスターです。英語や数学、国語の基礎力を身に着けることができます!計算演習では、1ステージ修得するごとに向上得点がもらえて、さらに修了判定テストに2回連続で合格すると、10点くらい追加でもらえます!私も生徒時代、計算演習やるのは苦だったんですが、向上得点によって自分の努力が可視化されるのが嬉しくて、高2の夏には上級ⅡBまで終わっていました!

向上得点は、自分のPOSを開くと最初のページにグラフで表示されているので、そのグラフが上がり続けていると、やる気がみなぎってくると思います!この夏、校舎全員の向上得点のグラフが上がり続けてくれることを願っています!

 

 

 

 

 

 

私の思いは、みなさんに伝わったでしょうか?ついつい長くなってしまいました。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございます😆

 

 

明日は、私の元担当担任助手である西井さん!

西井さんの笑顔はいつも校舎を救っています。楽しみにしていてくださいね!

⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶

6/25 土曜日の

  開館時間:10時00分

  閉館時間:21時45分

⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶

茗荷谷校の全国順位は216位/1000位!!

(ハイスクール校舎 48位/96位)

 

 

 

 

 

茗荷谷校ではこの夏全力で頑張る仲間を募集しています。

スタッフ全員、皆さんとお会いできることを楽しみにしています!

まずは面談からでも〇

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓