模試はみんなの救世主?! | 東進ハイスクール 茗荷谷校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 5月 5日 模試はみんなの救世主?!

4月の共通テスト模試の後日受験も終わり、みなさん復習も終わったことかと思います!!

(もしまだ復習が終わっていない人がいたら、早急にやってくださいね~)

前回の一木さんのブログに引き続き、「模試はなんのために受けるのか?」というテーマに沿って書いていきたいと思います!

まず、模試前後のメンタルについて、少し書きたい思います。受験生時代の私は「受験生は直前期に伸びる」という言葉を信じていたのに、最後まで成績が伸びず、毎回模試が近づくのが恐怖でした😖

模試でいい点をとることはもちろん大切です。でも、模試で悪い点をとってもあまり落ち込まないでほしいです。「本番じゃなくてよかった」という感じに、ポジティブシンキングでいきましょう!とは言っても、大学受験は点数で合否が決まる世界です。なかなかそんなふうに考えられないよ!っていう人もいると思います。そんな人は、模試までの自分の努力してきた過程を振りかえってみて、それ次第では自分のことを少しでも褒めてあげてください🤗受験では、自分のことを信じられる人は無敵ですよ!そして、模試前に緊張してしまうという人!それは、みんなが努力した証です。努力していなければ、いい点が取れなかったらどうしようという不安も起こりません。だから、緊張で手が震えたりしたときは、自分を信じて、いままで頑張ってきたのだから大丈夫、と言い聞かせてください!裏を返せば、模試の前に緊張するくらいに、日々の勉強を頑張っていきましょう。

 

そしていよいよ本題!!私は、模試があることでみなさんの日々の勉強が捗っていると考えています。

模試で弱点を見つける

次回の模試で点を伸ばしたい科目や、目標点をとるためにどんなことをすればよいかを具体的に考える

前回の模試の反省、悔しさを活かして模試に臨む

上記のようなサイクルで、日々の勉強が成り立っていると考えると、模試は勉強を頑張る指標にもなっています。模試でいい点をとろうと努力できない人が、受験でよい結果を残すことはできません。共通テストレベル模試が二か月に一度の頻度で行われることを有効活用して、点数を伸ばしていきましょう。みなさん、6月の全統に向けてのスタートダッシュを切っていこうではありませんか!

 

ー外部生の方々へ-

茗荷谷校には、高い志望校を持ち、低学年の時期から頑張れる子たち、そしてそんな低学年に圧倒的な勉強量で、背中で語ってくれる受験生がたくさんいます。是非、茗荷谷校で一緒に勉強してみませんか??

模試の申し込みはこちらから☺️

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

明日担当するのは冨樫さん!

楽しみにしていてください😊

 

***********************************

明日の開館時間は 10:00

閉館時間は  19:00

***********************************

明日でGWラストです!!

 

全統まであと38日!

茗荷谷校の全国順位は17位!!