模試のあとにやること | 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2013年 2月 25日 模試のあとにやること

皆さん、昨日の模試はどうでしたか?

昨日のブログにのっていた人たちをはじめ点数が大きく上がった人もいれば、伸び悩んでいる人もいると思います。

科目によって、伸びたものや伸びなかったものもあるでしょう。

 

どちらにしても結果を真摯に受け止め、成功の要因や失敗の原因を考えて

次に活かすことが最重要だということはいうまでもないでしょう。

我々スタッフには、皆さんより詳しい受験の知識がありますが、それは一般的で平均的なものです。

残念ながら、普遍的で全員にそのまま当てはめられるものではありません。

皆さんは、それぞれ違った状況におかれています。

今回の模試にしても、自分にしかわからない手応えや感覚があると思います。

それを是非、担任の先生や校舎長に話してほしいのです。

皆と相談して、君たち一人一人にあった勉強の計画を立てていけたらと思っています。

 

さて、もうひとつ模試を受けた後にやらなくてはならないこと、それは模試の復習です。

皆さん、今までの模試は完璧に復習できたますか?

満点取れますか??

そこまでしっかり復習できている人はいないんじゃないですか?

完璧にするということは非常に難しいことです。

復習というのは、どうしても一人での戦いになりがちです。

一人でやっていると無意識にどこかで手を抜いてしまいがちです。

なので茗荷谷校全体で完璧にしましょう!!

3月10日に今回のセンター模試の解き直し会を実施します。

ここで皆で満点をとりましょう!!絶対満点ですよ!!!

妥協無くやって、全員で満点をとれたら凄いことだと思いませんか?

 

そのために、まず解説授業を受けてみましょう。今日から受講可能です。

解説授業って何ぞや?っていう人のために説明を。

東進の講師陣が模試の解説をしてくれる授業のことです。まんまですね。

いつものように、スタッフに入れてもらうか、面談のときの予定に書いてもらえれば、予約しておきます。

普段の受講と同じように考えてもらえばOKです。

先生の解説はわかりやすいですから、自分で復習をする前に見ておくのがオススメです。

その後、何度も解き直して、先生と同じように解ける様にすれば、自然に満点を取れるようになりますよ。

 

全員が満点。

正直にいって難しいことだと思います。学校の試験が近い人も多いでしょう。

だからこそ、挑戦しましょう。

たかが1回の模試の復習といえば、そうかもしれません。

でも、この1回はこれからのみんなの勉強の完成度や質に直結するものだと考えています。

受験前の12月に、学校の期末試験があるから受験勉強ができません、というつもりの人はいないでしょう?

それが受験生の意識というものです。

やらなくてはいけないことも多いでしょう。その中で、なによりも受験勉強を優先してかんがえるのが受験生です。

今回の解き直し会で、みんなで受験生になりましょう。そのための解き直し会です。

一人ではできなくても、全員で一致団結すればできます。

茗荷谷校には、そういう力があると信じています。

 

はい、もう一度皆さんのやることを整理。

①スタッフとの面談で模試の結果を振り返り、次回までの勉強方針を整理

②解説授業を受講して、わからなかったところを復習

③3月10日の解きなおし会に参加して、満点を取る

 

一緒に頑張ろう!!

                                   

茗荷谷校スタッフ一同