本番に弱いのが人間です | 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2021年 2月 20日 本番に弱いのが人間です

おはようございます。

こんにちは。

こんばんは。

茗荷谷校のブログに足を運んでいただきありがとうございます!!

茗荷谷校担任助手二年、斎藤彩です!

 

 

国立入試まであと6日…早い!!

あと1年だと思うと、

思ったより早いなと思った人も多いのでは?

 

 

 

そして2月の共通テスト本番レベル模試が次の日曜に迫っています。

新高3生、新高2生として受ける最初の模試になります。

 

 

模試が迫ってきて「やばい…」と焦っている人も増える時期ですが

 

 

そもそも模試を受けるイミって何でしょう。

 

東進生は2か月に一回共通テスト本番レベル模試を受けるわけで

他の志望校の名がつく冠模試を受けることを考えれば

相当な頻度。

 

自分の中でイミを見出だせていなければ

模試を受ける時間そのものが無駄に…

 

 

そこで、私は提唱したい。

モシとは

自分の本番弱さを実感する場だ、

 

 

こんなに頑張っているのに点数がこれしか伸びない…

何であんなくだらないミスをしてしまったのか…

 

模試のあとにそう嘆く声を

みんなと模試後面談をしていると聞きます

 

 

でもやっぱり「本番で実力発揮をする」って

とっっっっても難しい。

今年の受験生もそう感じている人が多いのではないかと思います

 

 

だからこそ、

模試まであと〇日だと

そこに照準を合わせ

これだけば絶対に完璧にしようと

意気込んで

納得いく結果を出す

 

という試行を何回も繰り返して

 

 

人間は本番に強くなっていく生き物なのではないかと思います

なぜなら私がそうだったからです笑

 

よく僕は本番に強いタイプだ、

とか言いますけど

後天的に本番に強くなることって

模試においては

全然あると思います。

 

 

だから、新高3生でも

あと6回しかない模試で

どれくらい1回1回に魂込めて挑めるか

それで

本番の結果も変わってくるのではないでしょうか!?

 

明日の1日でも何をするかで変わると思いますよ~

頑張りましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#東進 #茗荷谷 #予備校 #入学