朝登校衰退か? | 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2013年 4月 14日 朝登校衰退か?

おはようございます、宇野です。

本日は茗荷谷校の朝のトップニュースをお伝えします。

なんと9時より前に登校した人が・・・

0人です!

 

これは由々しき事態です。

みなさん、春休みの熱意はどこに置いてきてしまったんですか?

もちろん、学校が始まって春休みと同じようにはいかないでしょう。

久しぶりの学校で疲れているでしょう。

でも、だからどうしました?

 

だから、休んでていいんですか?だから、寝てていいんですか?

その選択に後悔はありませんか? 受験直前の自分がどう思うか想像できませんか?

今したいことだけを見て、見たくない状況を見なければ楽でしょう。

 

でももし、

惰眠をむさぼって、昼になって登校してきた今日をふりかえって、罪悪感や後悔を覚えたのであれば、

それは春休みの熱意がまだ皆さんに残っている証拠です。

その熱意を冷まさずに大事にしたいのなら、弱い自分と戦わなくてはなりません。

 

血を吐くような辛い思いをして勉強している受験生は何人いますか?

自分の弱さと向き合い、傷つきながらも強くなろうとしている人は?

自分はそうだと言える人は少ないでしょう。

ですが、一年間皆さんを見て、多くの人がどこかにそういう思いを持っていると感じました。

苦しみながらも自分を変えようとしている人、変えたいと思う人、いつかは変わらなきゃと思う人、それぞれいると思います。

変わるというのは、苦しく辛いものです。

それでも変わりたいと思うのなら、

戦いましょう!