大学紹介~東京学芸大学~ | 東進ハイスクール 茗荷谷校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 5月 19日 大学紹介~東京学芸大学~

皆さん今日もお疲れ様です!
低学年の皆さんはテストに委員会や部活、受験勉強も志作文もと忙しい毎日だと思いますが楽しめているでしょうか!
忙しい中でもスキマ時間を無駄にしない過ごし方をするといい事が沢山ありますよ😌

そして今回のテーマは
「私の大学紹介」
イベントで絵本の読み聞かせをやったこともある私を見てなんなんだコイツと思っている人もいるかもしれませんが、、
東京学芸大学初等教育教員養成課程幼児教育専修

に通っています。

私は「学芸大学の」幼児教育学部にこだわりがあったので受験に受からなかったら浪人しようと考えていました。

私はこの大学に行きたいという強い思いが皆さんの受験生生活の支えになると考えています。
だから志作文や志ワークショップ、イングリッシュワークショップに参加して視野を広げて欲しいと思っているんです!!

私の受験生時代のこだわりや入学した今思う良さについて語っていこうと思います〜!

受験生時代の松下こだわりpoint①
幼児教育を専門的に学ぶことができる大学であること

実際高校の先生が学芸大学出身であったりして、その先生達も教育やりたいなら学芸大学にいけ!と教えて下さいました。

受験生時代の松下こだわりpoint②
付属の幼稚園が学内にある!

コロナじゃなければ好きな時に行くことが出来る最高の環境です!

小学校もあって歩いているとたまに戯れることができます。可愛すぎる。

 

受験生時代の松下の思考(おまけ)
幼児教育学部がある大学(そもそも国立で関東って考えるとほとんどない)の中で1番偏差値が高かったので、目指すなら上を!精神もありました。
偏差値で大学を決めるのはあまりオススメしませんが、身の丈にあった、よりも上を目指そう!の方が油断が生まれず勉強も頑張れると思います。(自論ですが。)

入学した松下おすすめpoint①
すごい教授が沢山!

学芸大学出身の人は幼児教育界で園長、行政に携わる人も多く、教授にもそのようなすごい方達ががたくさんいます!!
幼稚園の指導要領をつくった人、来る教授全員が「皆さんは〜先生に習いましたか?日本の幼児教育の権威ですよ。沢山学ぶことがあったでしょう」のようなことを言う様な教授も、、😳
教育の単科大学ならではの現象かもしれません。

入学した松下おすすめpoint②
周りの環境

教育に携わりたい人ばかりの大学で、みんな色々な教育観をもっています。授業中のディスカッションもとっても楽しいです!


あとは学芸大学とはあまり関係ないですが、教授のこれまでの話を聞いて「やりたいこと全部やろう!」と思えました。
理系で大学に通う→幼教に興味が湧き夜間の大学に通う→幼稚園で働く(副園長までのぼりつめる)→大学院で幼児教育を学ぶ→教授

始めるのに遅いなんてないな!何でもチャレンジしようと心から思えたきっかけです!!


学校が遠くて嫌になりそうなこともありますが、ここに通いたくて受験勉強を頑張った自分を思い出して耐えています!笑
最近は電車で課題を全て終わらせることを目標にして楽しく通学しています!
このブログも電車で書いていたり、、🐥

学校が遠い皆さんも電車の時間の有効活用、かなりおすすめですよ!

そして最後にもう一度!
こだわりがもてる大学を見つけること
これが受験勉強を頑張る第1歩です。
憧れの大学でもよし、やりたいことができる大学でもよし、部活の強豪や場所など様々な選び方があると思います。

夢がない!みたいな人もよく見かけますが、今確定する必要は無いと思います。
ただ、探すための行動をしないならそんなことを言っている場合ではありません!
自分から行動して探しにいかないとこれから楽しめるような何かを見逃してしまうかも😳
アンテナ張って行きましょう🏃‍♂️

 

東進ハイスクール茗荷谷校では

➀志望校や将来の夢・志に悩む人

②志望は決まっているが勉強や成績に悩む人

③悩みはないけどさらに上を目指したい人

で、私たちと一緒に頑張る仲間を募集しています!

お申し込みは

校舎フリーダイヤル(0120-738104

または下のバナーよりお申し込みください。

お待ちしております!

 

 

⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶

5/19 木曜日の

  開館時間:13時00分

  閉館時間:21時45分

⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶

 

 

全統まであと24日!

茗荷谷校の全国順位は

14位!!/1000校

(ハイスクール校舎 1位 /96位)