大・大・大前提として… | 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2020年 8月 30日 大・大・大前提として…

茗荷谷校のブログに足を運んでいただきありがとうございます。

 

ここ3日間、ボツワナというアフリカの国について調べまくっている田中です。

今日は、共通テスト本番レベル模試の後日受験の日でしたね。

当日に受けた人も、今日受けた人も全力でやり切ることができたでしょうか?

 

田中は、生徒時代を振り返っても、満足のいく結果になった模試というのは存在しなかったなぁと思います。

模試後面談で、毎度毎度、渇を入れてもらってました。

なんかしら毎回やらかして、

ああ、、本番じゃなくてよかったって。

そう言って本番もやらかしたんですけどね笑

(笑い事で済みませんでした)

 

詰まるところ何が大事かっていうと、昨日のブログで狩野担任助手も言っていたように、

今の結果をポジティブに捉えて、切り替えて次に進むことです。

今回のテストの点数が20点だとしたら、あと80点の伸びしろがあるわけです。

模試のあとくらい楽観的になってもいいのではないでしょうか。

そして、次の模試に向けて、自分に何が足りなかったのかを分析し、改善していけばいいのです。

次の共通テスト型の模試は10月25日です。この日に向けて準備をしていきましょう!!

 

ところで、、、

 

 

今日のブログを通して、私が皆さんに伝えたいことは

毎日、毎日、

宿題、部活、高マス、受講、遊び、過去問、勉強、勉強

勉強勉強勉強勉強勉強…………………

 

たーーくさんのやるべきことに追われる中で、皆さんが、何かとてつもなく大切なことを忘れてしまっていないかな………

ということです。

 

私は一度にたくさんのタスクをこなすことが下手です。

ご飯食べながら、単語帳?

どっちも中途半端になって、生産性が落ちます。

ましてや、

宿題、部活、高マス、受講、遊び、過去問、勉強、勉強……

これほどのことをやりながらだと、受験勉強する上で、前提にあるものを意識することはできていませんでした。

皆さんの中にも、この前提を忘れてしまっている方がいるかもしれないので

今ここで僕が、伝えます。

 

それは

 

 

 

ずばり、「なんのために大学にいくのか」ということです。

僕も高3のこの時期に真剣に考えました。

 

「周りがみんな大学行くから俺も、私も」

 

本当にそうでしょうか。

僕の場合はアフリカに行きたい・アフリカ留学したい・アフリカ政治・経済について現地で学びたいという思いから

外大のアフリカ地域を志望しました。

なんだよ、そんなちっぽけな理由かよ。と思うかもしれません。

しかし、高3の夏にこの思いを志してから、辛い受験勉強もなんとか乗り越えることができました。

どんなに些細なことでもいいと思います。

要は、真剣に考えるか、否かだと思います。

 

 

今日の一曲#2

One More Light / By Linkin Park

Chester Bennington 参加の最後のアルバム。

”Who cares if one more light goes out, Well I do”

辛い時、うまくいかなかった時、逃げ出したい時、ぽっと背中を押してくれるそんな曲です。

最近思うように勉強が捗っていない方、ぜひこの曲でリフレッシュしてください⭐️
→https://www.youtube.com/watch?v=Tm8LGxTLtQk




最後まで読んでいただきありがとうございます。