受験生への檄文 Part 4 | 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2014年 1月 2日 受験生への檄文 Part 4

 

 

新年明けましておめでとうございます。担任助手の坂田です。

今年1年も宜しくお願いします 😀

 

さて、年が明けいよいよ入試本番が近づいてまいりました。茗荷谷校の生徒も、より受験生らしい顔つきになってきましたね!

受験生の皆さんは必死に勉強をしている時期だと思います。

しかし、もしかしたら勉強に集中できないという人がいるかもしれません。

つらい、苦しい、1日1日が終わるにつれてどんどんとその思いが強くなるかもしれません。

去年の自分を思い返してみても、やはりこの時期はつらく、不安に襲われる日々でした。

そこで今日は、僕が気に入っているこの言葉を送りたいと思います。

 

 

「夜明け前が一番暗い」

 

この言葉は、ちょうど去年の今頃に校舎長から教わった言葉です。元々は西洋のことわざで、原文は

「The darkest hour is always just before the dawn.」

というそうです。

意味は、苦難は終わりかけが一番苦しいもの、しかしその後には必ず希望の兆しが見えてくる。ということ。

夜明けの後には必ず日が昇ります。今はまだ暗闇の中で何も見えないかもしれませんが、ひたすら走って走って最後まで走りきってください。

その先にはきっと明るい未来が待っているはずです!!

 

センター試験本番まであと16日です!!

駅伝の選手に負けないくらい、全力で走りきりましょう!!