受験生への檄文 安久 | 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2015年 12月 30日 受験生への檄文 安久

取らなければいけない点数と現実との差がまだあって焦っている時期でしょう。人によっては、やらなければならないことがありすぎて時間が足りないと感じているかもしれません。そんな皆さんがするべきことは、残された時間で何をするのかの計画をしっかり立てることです。やりたいこと全てを完璧にするのは不可能です。科目毎に「これさえ押さえれば大丈夫」という分野を何個か見極め、それ以外は捨ててしまいましょう。それが限りある時間で最善の結果を出す方法です。

 そうは言ってもやることがありすぎる、という人へ。電車やバスでの移動時間も全て勉強に費やしてください。最後の試験が終わるまで毎日、いっそのこと定刻に寝てしまって、朝早く起きて下さい。本当に受かりたいと思うならばできることはいくらでも見つかるはずです。

 やや厳しいことを言いましたが、僕は皆さんが努力次第でいくらでも伸びることを知っています。If you can dream it, you can do it.