全ては考え方!! | 東進ハイスクール 茗荷谷校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2021年 9月 10日 全ては考え方!!

はい、皆さんこんにちは。担任助手1年の石田陽都です。

いつもは低学年向けに書くことが多いですが、今回は少し受験生向けの内容です。

 

夏休みも終わって、二学期の新たなスタートを切れた人が多いと思いますが、どうでしょう?

夏休みずっと頑張って走り抜けられた人は少しづつ過去問の点数も上がってきたのではないかと思います。

そうでなかった人は、、、いてほしくないけど、自覚がある人は今からでもまだ時間はあるので、

ロケットエンジン付けるくらいに爆速で頑張って下さい。

 

さて、九月ともなると少し焦りが出てきて落ち着かなかったり、迷いが出てくるころかな、と思っています。

個人的な話、去年の僕は、九月末で第一志望校を難しい所へ変えました

こんな時に志望校のレベルを上げても間に合うかと少し不安になったし迷いました。

決断しきれずにいたところ、友達が僕に一言、

「とりあえずそこ目指す勉強して間に合わなそうならまた志望校戻せばいいだけじゃね?」

それを聞いて僕ははっとしました。確かにそうだ、と。 答えはとてもシンプルでした。

この話はもっと書くと長くなりそうなので気になる人は聞きにきてください(笑)

 

ということで今日の本題、「考え方」についてです。↑の話も考え方を変えるだけでスッと解決しました。

さっきも言いましたが、9月は焦りや迷いが出てきます。

一番あるのは模試ではないかなと思います。

ずっと頑張って勉強してきたのに、模試になると思ったように点数が取れない、緊張して実力が発揮できない、など、、、

帳票は目に見えて結果がわかるので、悪かったときはすごい落ち込むと思います。

また、本当はこのくらいの点数とらないといけないのに、と思ったり

親が応援してくれているからもっと頑張らないと、と思いかなりギリギリの精神状態で勉強している人もいるかもしれません。

そんな状態で勉強してもつらいだけなので、少しでもいい状態でやるために考え方を変える、ということをしてみてはどうでしょうか。

 

模試で点数とれなくても、過去問ではいい点数とったことあるから力はついてるから大丈夫、と思ったり、

緊張してしまうなら、本番まで模試はまだ4,5回あるから緊張する、ということに慣れると考えてみるといくらかはましになるのではないかと思います。

まあ、悩みや置かれている状況は人それぞれなので一概にこう、とは言えないので、一例だと思ってください。

本当に限界がきそうだったら周りの友達、先生、担任助手、親に相談してみてください。自分とは違う考えを聞くことができるのでとてもおすすめです。

人生は下りのエスカレーターを全力で駆け上がるようなものという言葉を聞いたことがあります。

受験勉強もこのことが当てはまる気がします。国立組はまだ5か月半ほどあるのでまだまだ長い道のりです。

この先も何度もつらいことがあると思いますが、一緒に乗り越えましょう!全力でサポートします

 

開館時間:13時00分

閉館時間:21時45分

 

夏休み期間と開館・閉館時間が変更しています!

要チェック!

 

 

 

 

過去の記事