ギリギリでいつも生きていませんか?? | 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2020年 10月 26日 ギリギリでいつも生きていませんか??


皆さんこんにちは。最近先端恐怖症が強くなっています。先日は注射が怖くて痛くて仕方ありませんでした。もうこりごりです。そんな毎日を過ごしています。サクマです。

昨日は全国統一高校生テストでしたね。お疲れさまでした。昨日は私は外部会場で模試運営に携わっていたのですが、身に染みて感じたことがあります。
それは

 

開始時間ギリギリに来る人多すぎ」問題

 

皆さん時間と心に余裕をもって会場入りできていますか?会場入りというとなんかライブみたいですが、うまい日本語が出てこなかったのですみません。

試験本番の日をよく考えてみてください。

3分前に会場に到着した人が試験を落ち着いて受けることができますか?電車の遅延で遅れてしまって焦ってギリギリに着いた人が焦った心のまま試験で自己ベストを更新できるでしょうか?


昨日は試験開始時間に余裕をもって来る生徒ももちろんいましたが、5分前にダッシュで駆け込む人が本当に多くて。ギリギリに来る生徒に「あと5分で始まるけど間に合うのかなぁ」と心配した記憶のほうが鮮明です。そもそも5分前ってすでに着席していて問題冊子とやらが配られる時間なんですけどね。

 

試験当日は誰しも緊張します。だから余裕をもって会場へ向かい、気持ちを落ち着け、御手洗や自販機の位置を把握し、好きな音楽を聴いたり(これは人によりますが私は今までの自分を肯定してくれるメッセージのある曲を聞いて自信をつけてました。)、最後に重要なところを見直す時間が必要です。

 

模試は日々の勉強の進捗確認のためでもありますが誰しも訪れる自分の第一志望校の試験日のシュミレーションをする大事な大事な機会です。

だから前日もできるだけ日常と変わらない生活をしてほしいです。

「試験の前日にカツ丼食べたせいで胃がもたれて試験失敗してしまった」とか、「たくさん食べすぎて試験中眠くなってしまった」とか、「前日の過度な追い込みで寝るのが遅くなってしまった」だとか、いつもと少しでも違うことをしてしまうと体に些細な変化が訪れます。その些細な変化が合否を左右すると思ったらもう素直に毎日規則正しい生活するしかないです、そもそもの生活習慣が乱れてる人は即改善してくださいね。

 

慣れない場所で実力を最大限活かす為には模試で練習をつむしかありません。しかし共通テスト本番まで模試はもう残り1つしかありません。勉強面でも気持ちの面でも最善の結果が出せるように臨みましょう!!!くれぐれもギリギリな生活をしないように。私も日常生活を反省し明日から余裕を持って生きたいと思います。

 

それでは

#東進 #茗荷谷 #予備校 #入学