その一秒を削り出せ!! | 東進ハイスクール 茗荷谷校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2021年 12月 15日 その一秒を削り出せ!!

おはようございます!

遅くなりました。昨日のブログはオオノです!

さて、この前の日曜日に模試があったということもあり、

今日は、受験生はもちろん、模試で色々思うこともあるともいますが、

くじけてる暇はないよ、

というエールを送りたいのですが、

今回話す内容は前にどこかで話している内容なので、

茗荷谷校のブログチェッカーズの方も、少し懐かしみながら、振り返りながら

読んでほしいです!

① 点数が伸びてない、下がった、、

この現象、マークミス、凡ミスを除いてもありませんか?

この現象について言えることは一つ!

 

同じ問題を解いて下がったとしたら、なにか復習の仕方とかが間違っている可能性があるけど、

 

違う問題解いているのだから、そこまで問題じゃない、ということです。

 

図で説明すると、

まずはこんな感じで科目ごとに内容がわかれてます。

 

数学なら、確率、数列とか、確率のなかでも条件付確率とかいろいろありますね、

 

日本史でも、迫本竜馬が生きた時代とか、織田信長の時代、とかありますよね?

勉強したらできるようになりますね。そこを塗りつぶして表現してます!

 

さあ、いざテストです。

さあ、今回のテストの範囲がピンク色のとこだとします。

このテストは、ほとんど自分の習得している部分なのでたぶん結構いい点数取れそうです

 

逆に、今回のテストの範囲が青色のとこだとします。

逆に、点数取れなそうですね。

 

何が言いたいかというと、当たり前のことですが、

まだ自分の力にできてない部分は模試などでできないのは当たり前です。

ただ、点数が下がったからといって、前の自分より成長していない、わけではないです、

確実にできるようになってるけど、自分ができるようになったとこが出なければ点数は取れません。

 

ただ、青で塗ったとこのように、複習してできるようになれば、又さらに成長できます。

 

自分のできるところを増やせば、本番自分ができる問題に出会う確率は高くなると思います。

 

もしかしたら、今見ている問題が受験本番に出るかもしれませんよ

 

なので、そのためにも、まずは今間違えた問題を自分の力にすること、

 

そこから始めましょう!

 

② できない問題にであえた、逆にチャンス!

皆さんは、今自分が解けない問題、つまり、苦手分野は把握していますか?

 

勉強において一番効率がいいのは、溶ける問題を解くのではなく、解けない問題を解くことですよね

ですが、自分の苦手な問題って、意外と見つけるのむずかしくないですか

だからこそ、模試がチャンスなんです!

共通テスト模試なんて、もう最高です

なぜなら、基本的な問題(まあまあむずいけど)を色々な範囲をまんべんなく出してくれますよね。

だからこそ、解いてる時や間違えた時に、

やばい、ここ苦手かも、

と思えるのかなと僕は思います。

自分も物理の問題解いたんですけど、RLC回路出てきたとき、あ、終わった、と思いました(笑)

また、受験生、そして低学年の人も受験が近づいてきたらこう考えてみてください、

 

この模試で、もしその間違えた問題にであわなかったら、自分でその問題に出会えてたでしょうか

 

もしかしたら、そこをやらずに本番で出てくる可能性もあったかもしれませんよね。

だから、ここで、その間違えた問題にであえた問題に出会えたのはすごいラッキーなんです!

少し目標の点数に行かなかった人も大丈夫です、

数少ない自分の弱点から、選びに選ばれて、今回の問題が出てきたのです。

今回の問題で、だいぶ弱点がカバーできたことでしょう!

下を向いてる暇はありません!

最後に送りたい言葉は、

 

その一秒を削り出せ。

 

です、過去より今を精一杯頑張っていきましょうー!!

 

12/15の

開館時間は 13:00

閉館時間は 21:45