そうだ、冬期合宿に行こう! | 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2013年 11月 4日 そうだ、冬期合宿に行こう!

こんにちは、担任助手の風間です 😉

今日は高校1.2年生に冬期合宿のお知らせです!

 

冬期合宿は、12月26~29日の4日間かけて、河口湖にて行われる東進ハイスクールの一大イベントです 😎

毎年、これに参加した多くの生徒が「本当に」いい顔つきになって校舎に帰還し、それこそ死ぬ物狂いで努力するようになっていきます。

勉強するのはたったの4日間、かつ科目は英語だけ。これだけ聞いたら

「日本史のほうが大事だし 😕 」「数学やりたいし・・・ 😐 」

というように思うかもしれません。

でも、それは違います。最近私が生徒のみなさんの様子をみていて思ったのですが、成績アップのためには、努力量や、勉強へのモチベーションももちろん大事ですが、それだけではダメなんです。

むしろ、勉強の仕方、ノートの取り方、復習の方法などの「勉強するために必要な最低限のスキル」を持っているかどうか、これがその後の努力量を結果に結びつけるかどうかのになってくるんです。

イメージとしては、成績アップは掛け算だ、という事も出来ます。つまり、

学力向上=(努力量)×(モチベーション)×(勉強のスキル)

この掛け算をみてもらえれば分かるように、例えば、いくら志望大学に行きたい、というモチベーションが強くても、努力量が0なら学力は伸びない、という感じです。

この式から考えると、例えば、モチベーションが高い(○○大学に行く!)かつ努力している(毎日4時間勉強!)人でも、ノートのとりかたが悪い、復習の方法が非効率であれば(これを、勉強スキル=0だとします)、いくら頑張っても学力向上は0、つまりまったく伸びないことになります。

つまり、学力向上には努力量やモチベーション以前に、勉強をどのようにやっていけばよいのか、という事が分かっているのかということが大事になるんです!

そして、このスキルは今までどのような勉強をしていたか、ということで培われるものなので、いま成績が伸び悩んでいる人は意外とこれが足りない場合が多いんです。

 

この冬期合宿では、そうした「勉強スキル」を徹底的に磨くことができるんです。

授業のほかに自習時間がもうけられ、全国からきたやる気のある生徒たちの勉強法を間近で盗むことが出来ます

さらに、ここで得た勉強法は、英語だけでなく、国語・数学・理科・社会全ての科目の勉強をするうえでの基盤になるので、冬休み以降の学習の強力なツールとなります。

 

現在、定員450名のうち、既に半数以上の申込が全国から来ています。

申し込むなら今のうち

気になったらスタッフまで!!! 😀