あたりまえってなんだろう | 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2020年 9月 15日 あたりまえってなんだろう

こんにちは☺️

茗荷谷校のブログに足を運んでいただき

ありがとうございます!

担任助手1年の田中です!

今日のグルメンで、

担当生徒の大半が

25時以降に床についているということを聞き

みんなの生活リズムが崩れかけていることが

心配でたまらない今日この頃です。

(相変わらず、夜型の生活を送ってしまっているのが

生徒に移ってしまっているのかな…)

 

月日の経過というものは早いもので

もう9月になってしまいました

さて、共通テスト本番まで

残り123日となりました。

今受験生のみんなは、

死に物狂いで机に向かっていますね。

ついこの間も、とある受験生が

「時間がなさすぎて、もうヤバイです!!!!」

って。

それを横で聞いていた僕は、

(「わかる、わかる!」)

と心の中で呟いてました笑

去年まで僕も受験生で

みんなと同じ立場でしたので……

 

さあ、

そんなみんなの中に焦りが見え始めたこの時期には

2つのことが起こりうると思います。

それは

①どうせ私なんか思考

②原因を周りのせいにしてしまう

 

「あの人は地頭がいいからー」

「私は勉強の才能ないしー」

そう言って

どうせ私なんか思考に陥ってしまう。

そんなあなたに僕は心から叫びたい

勉強ができる人は

あなたが想像する

何倍もの努力をしてるよと。

僕が知っている中で受験の成功者の一人は

絶対に最後まで校舎に残って勉強してました。

 

 

次に、ありがちなのが

自分ができないことを

周りのせいにしてしまうということです

これは受験生時代の僕ですね。

(本当に情けない)

成績が上がらない理由を

学校の授業のせいにしたり

友達や両親のせいにしていませんか?

 

三浦知良選手は

常に自分に矛先を向けるそうです。

状況が向上しない事は

他の誰でも、環境でもなく

自分の準備・努力が足りないのみだと。

さすがはキングカズ

かっこいいですね

 

でもこれって当たり前じゃないですか?

 

受験本番に!

もしも!

前の人が極度の貧乏ゆすり

隣の人が何度も鼻をかんでいてうるさい

その状況で

集中できず、思うような結果が出せなかったあなた。

「前の人が……、隣が……、

なので再受験させてください!」

 

そんな美味い話しがあるはずないでしょう。

受験は一度きりです。

本番までに

100%の準備をすることができなかった

自分に原因があるはずだと僕は思います。

 

<まとめ>

(あくまでも僕の意見にすぎませんが)

どんなに時間が迫って、

焦って自信を失ったとしても

限界を超えるような

努力をすることでしか

自信は持てないです!

 

みんなが努力してる姿を見れば見るほど

みんながなんとしても

第一志望校に受かって欲しい!

そんな思いが日に日に強くなっていく

田中のブログでした笑

なんか重ーいブログになってしまいました‥‥

だけど

後悔だけはしないようにね!

次はもっと明るくします笑

 

今日の一曲#4

BATACO

by相対性理論

アインシュタインではない方の

相対性理論です

この曲は僕が受験生時代に聞いていた曲の一つで

歌詞の意味とかはよくわかんないんだけど

ボーカルのかわいい声に癒されて

嫌なことぜーんぶ忘れられる

そんな曲です

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます!

#東進 #茗荷谷 #予備校 #入学