「現実を見たい」人へのブログ | 東進ハイスクール 茗荷谷校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2023年 1月 20日 「現実を見たい」人へのブログ

 

みなさんこんにちは〜!

担任助手の一木です。

 

「全国制覇・・・」

 

つい先日、劇場版スラムダンクを見てきました。

一言で言うと最高でした。

普段映画を二回見ることはないのですが、

余裕で二回見れました。

三回目も見たくなってきているところです。

ちなみに中学生の頃、家族に空前のスラムダンクブームが起き、

家にあったスラムダンク全巻を読み耽っていたのですが

スラムダンクの登場人物で一番好きなのは水戸洋平でした。

今は三井寿だと思うんですが、

きょうだいみんな三井推しな気がするので気が引けて公言していません。

何の話でしょう。

 

 

 

さて、何度も聞いていることと思いますが、

今、茗荷谷校では全国1位を目指しています!!

そうですね、つまり全国制覇です。

 

「いや現実的に無理でしょ〜」

と思った人!正直に手をあげてください🙋‍♀️

 

そうですよね。そうなんです。

現実的に考えたら、1位なんて取れません。

 

あれ?

一木さんもしかして、一位取れないって言ってる?

ブログで茗荷谷校に反逆してる?

 

いいえ。

なぜみなさんは、

「1位」を現実的な枠の中で捉えているんでしょう。

この校舎にいる多くの人にとって、

「全国1位」というのは非現実的な世界です。

ほとんど夢みたいな感じです。

 

どのくらい非現実的かというと、

①東進の本部の人が校舎に取材に来て、

いつもPOSに表示される「一分間ニュース」に流れます。

②とてつもない大きさの胡蝶蘭が届きます

③東進の他の校舎の人が、茗荷谷校を訪問しに来ます

④校舎長が新聞に掲載されます

⑤いろんな人から入学式くらい祝電が届きます

 

流石に今の状況からは想像つかないことすぎませんか?

なんせ1000校の中で一番です。

インターハイ優勝と言っても過言ではないのです。(過言かも)

 

つまりそのくらい非現実的なことをしようとしているのに

「現実的」に考えている時点で意味がないんです。

 

赤木キャプテンは、どんなに周りに非難されても

ずっとずっと「全国制覇」だけを目指していました。

「とりあえずの目標」や「まずはベスト8」

という指標には意味がないからです。

 

じゃあ何をすればいいの?

と思うかもしれません。

 

まさに私は昨日の授業で、とても刺さる言葉に出会いました。

「『現実的』な枠組みの中でできることだけやっていても

社会は一生変わらないんですよ」

 

つまり、

すぐ思いつくこと、今までやってきたこと

だけを続けていては、一生1位にはなれません。

 

「嘘じゃん」「無理じゃん」

と思うことに全力でトライすることが必要になってきます。

 

自分の中で、「無理だろうなあ」と線引きしていることはないですか?

毎日登校 土日の朝登校 高マスを1日に3ステージやる 

1日3コマ受講する 家に帰って勉強する…

 

もちろんそれって面倒臭いし、大変だし、できればやりたくないですよね。

 

ではみなさんの志望校を例に考えたらどうですか?

志望校には今、現実的に届くんでしょうか?

まだあと1年、2年あると思うでしょう。

じゃあ今のままの生活、学習を残りの間続けて、

果たしてそこに届くんでしょうか。

 

受験ってそんなに甘くないですよね。

 

夢かと思うくらい頑張らなきゃ、

絶対に現実にはならないと思いましょう。

 

そして、夢かと思うくらい頑張るのは

突然できるようになることではありません。

今!校舎全体が、

夢みたいな目標に向かって動き出している今が

はじめるチャンスなのではないでしょうか。

 

面倒なこと、どうせ無理と思ってきたこと、

このブログを読んだらまず一つ始めてみましょう!

 

私も、明日本当に絶対に無理だと思っている

くずし字の読解に挑戦してみます、、、。

 

 

冒頭の、スラムダンクトークからは想像できない

抽象的なブログになってしまいました。

ブログコンペなのにこんな抽象的な作品でいいのかと悩みましたが

よく考えたらいつも抽象的でした。よかったら他のも読んでね。

 

 

そして

私のキーワードはもちろん「全国制覇」です☺️

 

明日の開館時間は
10:00!朝登校チャンス!!!

明日の閉館時間は
21:45

 

そして

茗荷谷校の順位は

13位/1000位 

 

要チェックや!!!✨