「楽観的」でいいんです | 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2020年 7月 23日 「楽観的」でいいんです

 

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

茗荷谷校のブログに足を運んでいただきありがとうございます!!

東進ハイスクール茗荷谷校担任助手、慶應義塾大学商学部二年の斎藤彩です!

 

 

最近は暗い話題が続き、梅雨明けもまだのようで、

何となく世の中が暗いような気がします。☂

どんな時でも

充分な睡眠と美味しいご飯 は大事ですよー!

 

 

さて今日はある生徒の子が

「期末テストの英語がクラスで一番だった!」

と自分から嬉しそうに報告してくれて思わずにんまり^^

 

みなさんも今日一日を振り返ってみて

良かったこと、嬉しかったこと

思いつきますか?

ささいなことでもいいのです。

 

というか、

みなさんは自分に厳しいタイプ?甘いタイプ?

自分は楽観的だなー、という人

手を挙げてください✋

 

 

 

そもそも楽観的とは

「物事がうまく進み良い方向にいくだろうと思う傾向」のこと。

 

 

ある医学的及びそれ以外の研究によると

(「楽観性とポジティブ志向が幸福感に及ぼす影響」2012京都大学 橋本京子・子安増生より)

「楽観的であることは、幸福感や精神的身体的健康をもたらす」

分かりやすく言うと

「楽観的な方が幸せで楽しく健康でいられるよ!」ということ

 

 

何故でしょう…??

 

それは

「ポジティブな結果を期待することで、たとえ状況が困難でも、ゴールに向かって粘り強く頑張れる」から!!

 

 

ポイントは「行動が持続できるかどうか」🔥

 

 

 

 

みなさんも少し楽観的になる練習してみましょうか!

 

【LET’S GO!】

「次の模試で点数上がるか不安だな…」

「このままこの単語帳続けていて大丈夫かしら…」

NO!NO! それではいけません。

 

 

「きっとこのまま毎日13時間勉強したら模試の成績も上がるはず。踏ん張ろう!」

「次こそ英語で9割取る!だからこの単語帳だけは毎日欠かさずやろう!」

👏👏👏

素晴らしい!!

 

 

このような考え方が出来ればもうあなたはMUTEKI★です。

あとは頑張る自分を

上からよしよし頑張れと見守る俯瞰的な自分を楽しみながら

前に一歩一歩進むことが大事です。

そして私はそんなみんなと一緒に歩いていきたいな、なんて思います。

 

 

 

つまり何が言いたいかっていうと、

こんな今だからこそむしろ明るく前向きにいこうじゃないか!いれたら最高ね!

ということです。

 

 

 

※もちろん、ただただ楽観的に考えた結果、行動に移さずダラダラしているのはまた話が違いますが。

 

 

今日は思いの外長くなってしまったので

#今日のキャッチコピー はお休みです。

 

 

みんなもうすぐ夏がやってくる!!駆け抜ける準備は出来てますか??

夏期特別招待講習

でもお待ちしております。

 

 

 

#東進 #茗荷谷 #予備校 #入学