「今週の言葉」はじめました。 | 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2013年 11月 14日 「今週の言葉」はじめました。

 

む、、、、

むむ、、、

むむむ、、

ス、スナックスペースに新たな掲示がァッ!!

はい、こんばんは、橘田です笑

そうなんです。今日から「今週の言葉」と題して、先人たちの残した言葉を紹介するスペースを作りました!! 😀

毎週一つ増やしていくので、楽しみにしてください!

今週は松下幸之助の言葉を紹介します。

松下幸之助は「経営の神様」として有名な経営者で、松下電器(パナソニック)を一代で日本を代表する企業にまで成長させました。

彼の考え方と活動は、一企業の経営者の域に止まらず、哲学、思想、社会活動など広範囲にわたっており、その後の経営者を初めとした多くの人々に多大な影響を与えています。大正年間に創業し、恐慌や戦争を乗り越えながら従業員の生活、消費者の生活を支え続けることを考え続けてきた経験が、この言葉を生み出しているんだと思います。

皆さんは自分の心の中に確固たる希望はありますか?どんなに小さくても、か細くても、光さえあるならそこに向かってまっすぐまっすぐ突き進んで欲しい。そんな思いをこめた今週の言葉でした。