校舎の様子 | 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール茗荷谷校 校舎長 野々山 智文

東進ハイスクール茗荷谷校校舎長の野々山智文と申します。茗荷谷校は「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」という教育理念のもと、「何のための大学受験なのか」ということを常に考え続けることによって、一生努力を続けられる生徒を育成してまいります。大学受験での成功体験を通じて、この地域から今後の日本や世界を担う人財へと成長していくことを願っております。自分自身と向き合い、多くの困難を乗り越えられるよう我々も精一杯サポートいたします。スタッフ一同、皆様のご来校お待ちしております。

茗荷谷校は丸ノ内線茗荷谷駅ビルの4階にあり、中学校1年生から高校3年生までが学習しています。ホームクラスという生徒が普段学習する教室は、机が個別ブースになっているので勉強に集中することができます。授業を受けている生徒と自習している生徒がそれぞれ真剣に取り組み、閉館時間まで学習する生徒が多くいます。また、茗荷谷校では週1回グループ面談を行っており、ここで生徒は他の生徒の勉強状況を知り、競争意識が芽生えてきます。勉強面のほか、スタッフが精神面でも支え指導しているため信頼関係が築かれています。スタッフが一丸となり、生徒を志望校合格に導く校舎です。

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

丸見 真智子 さん 東京大学・理科Ⅱ類
筑波大学附属高等学校 卒 柔道部 東進ハイスクール茗荷谷校 OG
丸見 真智子 さん 東京大学・理科Ⅱ類
担任助手として一言
皆さんは、大学に進学できる選択肢を持っており、恵まれた環境にいます。なので、なにかしら理由をつけて弱音を吐く前にひとまずは机に向かい必死に努力してみましょう。受験とは公正に個人の実力を測れる機会になっています。自分の実力・限界を知るという意味でも、悔いのないように努力していきましょう!分からないことがあれば何でもご相談して下さい!
都筑 啓司郎 くん 早稲田大学・商学部
都立白鷗高等学校 卒 テニス部・卓球部 東進ハイスクール茗荷谷校 OB
都筑 啓司郎 くん 早稲田大学・商学部
担任助手として一言
皆さんは色々な考えがあって大学受験をしていくと思いますが、何のために大学に進学しようとしているのでしょうか。現在、日本における大学の進学率は50%程度です。すなわち、半数の人は大学に進学していないということです。その状況でも日本社会は回っています。この状況下で、皆さんには何のために大学に進学し、何を学んでいきたいかということを考えて受験勉強に取り組んで欲しいです。皆さんの目標・将来の夢に向けて、担任助手一同が全力でサポート致します。
中島 英玲奈 さん 法政大学・社会学部
跡見学園高等学校 卒 東進ハイスクール茗荷谷校 OB
中島 英玲奈 さん 法政大学・社会学部
担任助手として一言
私は受験を通じて大学受験をすることがいかに大変で意味があるかという事が分かりました。自分が体験した事を活かして、皆さんの支えになり少しでも多くの方が合格を勝ち取ってくれるよう全力でサポートします!皆さんも志望校合格を目指して一緒に頑張りましょう!!聞きたいことなどがあったらいつでも相談にのるので話しかけて下さい!

→もっと見る

岩野 臣之丞 くん 千葉大学・法政経学部
世田谷学園高等学校 卒 空手道部 東進ハイスクール茗荷谷校 OB
岩野 臣之丞 くん 世田谷学園高等学校
担任助手として一言
僕は受験期に、私大の一般試験では1つも合格することが出来ませんでした。最後に国公立大の受験が残ってはいたものの、それまでの自分の合否結果を考えれば考えるほど、不安は募り、自信はなくなっていきました。それでもあきらめず勉強し続けた結果、最後に合格を掴み取ることが出来ました。僕は残念ながら第一志望校に合格することはできませんでしたが、皆さんが第一志望校に合格できるよう全身全霊でサポートするので、最後まで全力で頑張りぬきましょう!
大野 喬史 くん 早稲田大学・教育学部
都立北園高等学校 卒 テニス部 東進ハイスクール茗荷谷校 OB
大野 喬史 くん 早稲田大学・教育学部
担任助手として一言
大学受験は自分の進路に関わる大きな分岐点になることがあります。たしかに大学の知名度・ランクなどは今後の人生に大きな影響を与えるかもしれませんが、僕は皆さんにはただ勉強ができるだけの大学生にはなって欲しくないです。やはり、大学に行くからには自分の将来を見据えて欲しいですし、そのために学ばなければいけないこと、学びたいことをとことん追求して欲しいでです。そのために僕たち担任助手が皆さんの受験勉強をサポートしていきます!
村上 碧 さん 千葉大学 園芸学部
十文字高等学校 卒 帰宅部 東進ハイスクール茗荷谷校 OG
村上 碧 さん 千葉大学 園芸学部
担任助手として一言
受験勉強を通じて夢について考え、それが頑張る原動力になっていました。私は前期と後期とも第一志望校に出願し前期は落ちて後期で受かることができました。後期は粘り勝ちと言いますが本当にその通りだと思います。第一志望校をずっと思い、諦めずに後期まで頑張ったことが良かったと思います。なので最後の最後まで諦めずに第一志望校に合格することが出来るように一緒に頑張っていきましょう!
村上 千夏 さん 横浜国立大学・経営学部
品川女子学院高等部 卒 バドミントン部 東進ハイスクール茗荷谷校 OG
村上 千夏 さん 横浜国立大学・経営学部
担任助手として一言
受験は将来自分がどういう人でいたいかを考えられる絶好の機会だと思います。私は、志望校や志望学部について考えた時に、自分自身や自分が将来やりたいことなどにしっかりと向き合うことができました。皆さんが自分の将来やりたいことやなりたい姿を考えた上で、志望校を決定し、第一志望校に合格できるように一緒に頑張っていきましょう!
榎戸 栞 さん 千葉大学・国際教養学部
都立西高等学校 卒 吹奏楽部 東進ハイスクール茗荷谷校 OG
榎戸 栞 さん 千葉大学・国際教養学部
担任助手として一言
皆さんは大学にどんなイメージを持っていますか。大学は自分次第で何でもできる所です。しかし、逆に自分はこうしたい!という意志が無ければ、なにもしないまま、あっという間に終わってしまいます。大学受験は大学でやりたいことをするための準備期間です。大変かもしれませんが、重要な時間です。迷ったり悩んだりしたら担任助手にいつでも相談して下さい。一緒に頑張っていきましょう。
鈴木 真弘 くん 青山学院大学 経営学部
学習院高等科 卒 ラグビー部 東進ハイスクール茗荷谷校 OB
鈴木 真弘 くん 青山学院大学 経営学部
担任助手として一言
僕は受験を通じて、努力することの素晴らしさと大切さを知りました。自分は大学受験には失敗しましたが、ラグビーを妥協せずに10月まで続けたことには誇りを感じています。なので、生徒にも誇りをもてるような道を歩んでいけるように指導していきたいです。人生は苦労した程輝くものだと思います。受験勉強は辛いかもしれませんが、皆さんのその後の人生にとって、輝かしいものになるよう一緒に頑張りましょう!
木村 仁美 さん 青山学院大学 教育人間科学部 教育人間科学科
山脇学園高校 卒 科学部 東進ハイスクール茗荷谷校 OG
担任助手として一言
自分の行きたい大学を受験する機会は誰にでもあります。しかし、当たり前のことですが皆がその大学に通うことが出来るわけではありません。私は皆さんの夢を実現するために全力でがんばります。皆さんも出来るだけ大きな夢を持って、大学受験という試練に向けて人生で一番努力して下さい。夢がまだ明確に決まっていない人は自分が一番辛いと思う選択をしましょう。そうすれば、辛く長い受験生活が終わった後、一回り成長した自分になれることを私が保証します。
武田 知樹 くん 東京理科大学・理学部
國學院高等学校 卒 野球部 東進ハイスクール池袋校 OB
担任助手として一言
私は、受験勉強を通じて考えて勉強することの大切さを実感しました。人から言われたことだけをこなしている勉強では楽しくありません。また、自分で考えずなんとなく勉強しているだけでは成績も伸びません!第一志望校合格への諦めない気持ちを持って一緒に頑張っていきましょう!最高のパートナーになれるように私自身も頑張ります!
工藤 桂菜 さん 津田塾大学・総合政策学部
自由学園女子部 卒 吹奏楽部 東進ハイスクール茗荷谷校 OG
工藤 桂菜 さん 津田塾大学・総合政策学部
担任助手として一言
私は、受験勉強を通して、志を持って努力する大切さを感じました。受験は、今の、そして将来の自分を変えるチャンスです。自分の努力次第で、未来の自分が1番望んだ姿になれるかどうか決まります。皆さんには、自分を信じて、志を持ち、努力を続けられるようになって欲しいです。皆さんが1番望んだ姿になれるように私たちが全力でサポートします!一緒に頑張っていきましょう!
奥山 雄平 くん 成蹊大学・経済学部
都立豊島高等学校 卒 バスケ部 東進ハイスクール茗荷谷校 OG
奥山 雄平 くん 成蹊大学・経済学部
担任助手として一言
受験は人として成長できる大きなチャンスです。私は、高3の4月に東進に入り、わずか1年間の受験生活でしたが学力も人間力も大きく成長できました。第一志望校に合格することが第一ですが、その過程の中で人間力もつけて欲しいと思います。そのためにも学力面・精神面のサポートは全力でするつもりです!これからよろしくお願いします!
内野 陽之 くん 東洋大学・社会学部
京華高等学校 卒 卓球部 東進ハイスクール茗荷谷校 OG
内野 陽之 くん 東洋大学・社会学部
担任助手として一言
僕は受験を通じて、将来の夢の大切さを知りました。高校生の時点で明確な将来の夢や志を持っている人は決して多くいるわけではないと思います。しかし大学受験は第一志望校に受かることがゴールではなく、人生の通過点に過ぎません。将来の夢などが決めることが出来ればおのずから行きたい大学・学部・学科などが決まり勉強へのモチベーションに繋がっていくと思います。勉強面はもちろんそう言った将来のことなどの点も全力でサポートしていきますので一緒に頑張っていきましょう!

校舎イベント紹介

校内テスト

校内テスト

茗荷谷校では多くの生徒が閉館まで勉強しています。休日は朝8時30分から勉強を開始します。授業のみならず自習スペースも完備されており、受験生にとって最も学習に集中する環境が整っています。学習効果をさらに高めるために、茗荷谷校では随時校内テストを実施しております。「自己満足」の勉強に陥らないように、常に競争意識を持って頑張るためのテストです。成績上位者は掲示によって表彰されます。これによってより集中して、よりハイレベルな学習に皆取り組んでいます。

特別招待講習

特別招待講習

年3回の長期休みを中心に、東進生以外の皆さんが東進のt-POD授業を体験できる機会を作っています。それが特別招待講習です。期間中、東進生と全く同じように授業を受けることができます。講座は自分のニーズに合わせて取り揃えてあるので、自分が一番強化したい科目・分野を短期間で集中して克服することができます。この特別招待講習は、高校生の皆さんが初めて受験勉強に本気で取り組むことによって、志望校合格への決意を固め、本格的に勉強を開始するきっかけになります

※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。