数学が伸び悩んでいる高校生へ | 東進ハイスクール茗荷谷校|東京都

ブログ

2017年 3月 24日 数学が伸び悩んでいる高校生へ

皆さんこんにちは!茗荷谷校担任助手の為国です。

 

今日は私が大学受験で経験してきたことや、担任助手を一年やって考えるようになった「数学の勉強」についてお話したいと思います。

 

皆さん、数学は好きですか?

私は、数学は得意ではありませんでしたが、好きでした問題の解き方が必ずあって、必ず答えが導けるものだったからです。

皆さんが「数学がなかなか出来るようにならない」「苦手だ」と思っているのであれば、原因は大きく二つあると思います。

1つは『公式・定理の理解不足』、もう1つは『典型問題の演習不足』です。

 

原因が『公式・定理の理解不足』の人は、基本問題や、文章題の一問目で詰まることが多いです。

この場合は、特定の範囲を学習をしたのが随分前になってしまい忘れていたり、授業のときによく理解しないまま学習がおわってしまったときにありがちです。

その時は、もう一度教科書を一から読み直してみたり、先生に質問する、東進であれば受講をもう一度見直すことをおすすめします!

その上で基本問題などの演習を徹底して、もう忘れないように定着させしょう!

 

原因が『典型問題の演習不足』の人は、全範囲の学習が終わってある程度までは問題が解けるのに、最後の問題が解けなかったりと、なかなか模試やテストの点数が伸びないように感じていると思います。

この場合は、一歩踏み込んだ学習が必要です。応用的ですが、受験で頻出とされる数学の問題というのがあります。そういった典型問題を繰り返し解き、解法を体で覚えましょう

問題を見たときに、解き方が思い浮かぶ状態になるのが理想です!

 

自分の数学学習に行き詰まりを感じている人が、少しでもこのブログでヒントを見つけられたら嬉しいです!

3月もあと1週間!最後まで全力で勉強しましょう!